御宿御料理 大正館 『Coffee Break 珈琲の香りに抱かれて、愉しいおしゃべりでちょっとひと息!』

 身の回りの出来事や季節のうつろい、食べたい物や食べた物、 大好きな本や音楽・映画など… 色んな話題をつまみつつ、さあ!香り豊かな珈琲を召し上がれ!時にはググッと苦いかもね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サギ、鷺』、白いの青いの色々です。

『サギ・鷺』、白いの青いの甘いの?、
田植えが終わった田圃に沢山やって来ています。


我が家《田舎の古くて小さな旅籠・響庵大正館》からチョット郊外へ出て見渡せば田植えが終わっ長閑な田園風景が一面に広がりません!?…、何故かと云うと僕の住む町は古い街道沿いの峠にある坂町なので田圃や畑は少しずつ其処彼処にあるからです。
しかも我が家のある一応市街地と呼ばれる地域は今やほんの小さな集落状態に縮んでしまい、我が家から5分も歩けば思いっ切り田舎、田圃の真ん中か山の中に一人ポツンと立ち尽くす事になってしまいます。
全くもって自然が豊かだと誇れば良いのか過疎化を嘆けばいいのか…、この頃では農地の非耕作地化・草原化も進んで街ばかりでなく在方(農業地区)も寂れる一方です。

と云う話は置いといて今日はそんな我が町や近隣の町でよく見掛ける『サギ・鷺』の話題・写真を紹介します。

『サギ(サギ科)』~、
鳥綱コウノトリ目サギ科に属し世界に65種・日本にはその内の19種が生息する鳥類の総称で水鳥の仲間。「コウノトリ」や「ツル」に似て長い脚と嘴をもち、川や水田などの水場で魚や両生類・時にヘビ等の爬虫類を捕食します(僕は昨年、実際にチュウサギがシマヘビを咥えて飛び立つのを見てオシッコをチビリそうになったんですよ!ヤダヤダヤダヤダ)。
一般に羽の白い種類「ダイサギ・チュウサギ・コサギ」と夏羽と冬羽の色が変わる「冬羽のアマサギ」を「白鷺・シラサギ」と呼びます。
サギはコロニーを作り天敵から身を守りますが、特定の種のみで作る訳では無く写真の様に数種が混在する姿が多く見られます。
どの種も大体「グヮーグヮー」と大きくけたたましい声で鳴きます。
注:「サギ」の話題は以前にも詳しく紹介していますので是非右欄の【ブログ内検索】で検索をしてみて下さい。


*写真はクリックすると大きくなります!
2010-05-24_EOS 7D_1339、「シラサギの群れ、子供・幼鳥+成鳥・親鳥」2010.5.24.、 
↑「コサギとアマサギが揃って一緒にお食事中」、
手前の水田の中に入っている真っ白い2羽が『コサギ』で、奥の畔の上にいる2羽が夏羽の『アマサギ』まるで薄茶色の頭巾を被った様に見えます。

*写真はクリックすると大きくなります!
2010-05-24_EOS 7D_1339トリミング、「シラサギ」2010.5.24.、1 
↑『コサギ・小鷺』、
サギ科シラサギ属に分類される全長60cm・翼開長100cmほどの種でアジア・アフリカの熱帯・温帯に広く分布し、足の指が黄色い事と夏羽で頭に2本の冠羽が現れる事・背の飾り羽が巻き上がる事が特徴的です。
日本の水田で見られる「サギ」と云えば先ずこの種が一番多く、夏羽の特徴から日本画の題材にも多く取り上げられています。

2010-05-24_EOS 7D_1346トリミング、「シラサギの子供・幼鳥」2010.5.24.、1 
↑『アマサギ・飴鷺・猩々鷺』、
サギ科サギ亜科アマサギ属に分類される全長45~55cm・翼開長90cmほどの種で本種のみでアマサギ属を構成し、アフリカ大陸・南北アメリカ大陸・ユーラシア大陸南部・インドネシア・オーストラリア・ニュージーランド・フィリピン・マダガスカル・日本に分布します。
多くは夏季に北米や朝鮮半島で繁殖して冬季に各地へ南下し越冬する渡り鳥ですが多くの地域で周年棲息する個体も多く、日本では夏季に亜種アマサギが飛来し繁殖(夏鳥)します。

2010-05-26_EOS 7D_1411トリミング、「アオサギ」、2010.5.26.、小畠、1 
↑『アオサギ・蒼鷺』、
サギ科サギ亜科アオサギ属に分類される全長88~98cm・翼開長160cmほどで日本に分布する最大の種で、背側は青みがかった灰色の羽毛・腹側は白い羽毛で覆われ胸に飾羽を持ち、頭部などに黒い羽毛の模様のある大型のサギです。
アフリカ大陸・ユーラシア大陸・イギリス・インドネシア西部・フィリピン北部・マダガスカル・日本に分布し、夏にユーラシア大陸中緯度地方で繁殖して冬各地に南下し越冬します。
日本では夏に亜種アオサギが北海道で繁殖し(夏鳥)、冬に九州以南に飛来し越冬しますが、本州・四国で見かける個体は周年生息するものが主です。



『悠然と空を飛ぶ蒼鷺』、
シャッタースピード優先・低速連写設定で空を飛ぶアオサギを 追ってみました。
カメラの追随性能は抜群で申し分ないのですが、もう少し設定の勉強が必要のようです。
今の僕の実力にしては空を悠然と飛 ぶアオサギの姿がよく撮れたと思うカットを掲載しましたのでご覧下さい。

*写真はクリックすると大きくなります!
2010-05-26_EOS 7D_1413トリミング、「アオサギ」、2010.5.26.、小畠、3 
↑「カメラを向けると警戒してバッと大空に」、

2010-05-26_EOS 7D_1418トリミング、「アオサギ」、2010.5.26.、小畠、5
↑「夕暮れの空の彼方に去って行きます」、


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usaginohatago.blog112.fc2.com/tb.php/1373-db5c6361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AquariumClock 2

今日の妄言、明日の迷言。

自己紹介

殿さまうさぎ

Author:殿さまうさぎ
甘口・辛口、種種雑多な話題や写真を発信したいと思います。よろしくお願い致します!。
田舎で小さな旅籠とアフラックの保険代理店をしています。

御宿御料理響庵大正館 主人
広島県神石郡神石高原町油木
https://twitter.com/settings/profile

ご来店数

現在のお客様

現在の閲覧者数:

気ままにパシャッ!!

WEBコンサルティング・ホームページ制作

大正館の名物料理、自然・風景、花など

お便りポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

お手紙待っています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達になりませんか?

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

携帯で読み込んでね。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

一緒に始めましょう!

無料blog FC2PIYO  ホームページ サーバー・ホスティング フォーム カウンター 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。