御宿御料理 大正館 『Coffee Break 珈琲の香りに抱かれて、愉しいおしゃべりでちょっとひと息!』

 身の回りの出来事や季節のうつろい、食べたい物や食べた物、 大好きな本や音楽・映画など… 色んな話題をつまみつつ、さあ!香り豊かな珈琲を召し上がれ!時にはググッと苦いかもね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「散歩の途中で出会った美女たち、2010・春」乱写vol.15、『牡丹・ボタン』、+おまけ『八重山吹・ヤエヤマブキ』、

『季 節の花々』2010.春、乱写・vol.15、
「お散歩の途中で出会った美女たち」、
『牡丹・ボタン』、「百花の王」。
+おまけの『八重山吹・ヤエヤマブキ』、


先日の「カメラを提げたブラブラ散歩」でついに威厳に満ちた百花の王・『牡丹』様にお目に掛かり拝謁させていただきました。
その時に輝くように眩しいご尊顔のお写真を撮らせて頂く事が出来ましたので、本日はその御尊影を掲載いたします・・・、って、チョイと変わった趣向で紹介する花は『ボタン』です。

『ボタン』
ビワモドキ目ボタン科ボタン属の落葉小低木・またはボタン属の総称で、別名「百花王」・「花王」・「花神」・「天香国色」・「富貴花」などなど、以前はキンポウゲ科に分類されていましたが「雄蕊・花床」の形状の違いから現在は「芍薬・シャクヤク」と共にビワモドキ目に編入され独立のボタン科を作っています。
原産地は中国で元々薬草として栽培されていましたが、唐代の則天武后(本名は武則天、唐の高宗の皇后で中国史上唯一の女帝、漢代の呂后・清代の西太后と共に「中国三大悪女」の一人とされる)に溺愛されて以降は「花の王」として広く一般にも愛好され、多く詩歌に詠まれたり多数の絵画に描かれて愛され続け中国を代表する花になっています。
清代~1929年当時の中華民国が国花を「梅」とするまでは中国の国花となっていました。


原種は樹高3m・シャクヤクの根を台木にして接木で作られる園芸種は1~1.5mほど、戦後、接木の方法が確立して盛んに品種改良が行われるようになるまではまさに「高嶺の花」的植物で、豪邸の庭に植えられたりお金持ちの家で大切に鉢植えとして育てられていたんですよ!
花言葉は《壮麗・恥じらい・高貴・富貴》、
【豪華絢爛な衣装をお召しの艶やかで優雅な貴婦人、眩く輝く美しい麗人】と云う感じです。

雑学➀:漢方薬としても良く知られており、根の樹皮は「牡丹皮」と呼ばれる漢方薬種で日本薬局方にも収録され、消炎・鎮痛・止血に効果があります。

雑学➁:文学や絵画の世界でも豪華で優雅な姿が好まれ、日本・中国はじめ多くの国々で多く取り上げられています。
また、日本では特に着物や陶磁器・漆器・家具などの文様や家紋として多くの意匠が存在します。

雑学➂:平安時代の貴族衣装、特に女性の「十二単」の襲(かさね)の色目で「牡丹」と言えば、「表が白・裏が紅梅」の重ね方を云います。

雑学④:「猪肉」を「ボタン・ボタン肉」と言い「猪鍋」を「ボタン鍋」と言いますが、これはイノシシの肉の赤身の部分と脂肪の部分の美しさを「牡丹」の花に例えたのと、貴重な蛋白源で大ご馳走の「猪鍋」を豪華に表現したものだと思います。


*写真はクリックすると大きくなります!
2010-05-13_EOS 7D_0930、「ボタン」、2010.5.13.、油木・豊田、4
↑『白牡丹』、
薄絹の様に繊細な花弁の白さが眩しく柔らかそうで、神々しい感じの美しい花です。
「白牡丹」と言えば広島県の酒都・東広島市西条を代表する銘酒を想像する僕ってチョイと不謹慎でしょうか?少し甘口でとっても美味しいお酒なんですよ。


2010-05-13_EOS 7D_0914、「ボタン」、2010.5.13.、油木・豊田、5
↑『紅牡丹』、
華やかな真紅の色合いが鮮やかで高貴な感じの美しい花です。
太陽の熱に負けないほど豊かで熱い愛情を持つ女性、全ての人夫々の母を眺めているようです。


     おまけです⇒

*写真はクリックすると大きくなります!
2010-05-14_EOS 7D_1036、「ヤエヤマブキ・八重山吹」、2010.5.14.、油木、1
↑『八重山吹・ヤエヤマブキ』、
4月26日掲載の記事で『山吹・ヤマブキ』を紹介したのですが、「カメラを提げたブラブラ散歩」の途中で綺麗に咲いた『ヤエヤマブキ』(写真の花は野生種ではなく園芸品種のようです)と出会ったので掲載します。
下のヤマブキに関しての紹介文は4月26日の記事をそのまま貼り付けたものです。


バラ目バラ科バラ亜科ヤマブキ属の落葉低木で、春に黄色の花が咲く春の季語。
北海道~九州 の低山の明るい林の日陰などに群生し、樹木なのに茎が細いので1m~2m程の高さにしか伸びず、往々にして枝垂れたり斜面に沿って成長します。
庭 などに好んで植えられる物は八重咲が多いのですが、自然林では一重咲きで5弁の「山吹」を良く見かけます。
注:岡山県には花の色が白く・4弁の「シロヤマブキ」と 云うのが自生していますが、これは「山吹」とは別の属になります。
花言葉は《金運・気品・待ちかねる・崇高》【山里に住む教養と色香を兼ね備えた気品ある女性= ちょい太田道灌の八重山吹の逸話のイメージが強すぎ?】と云う感じです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usaginohatago.blog112.fc2.com/tb.php/1347-252f9a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AquariumClock 2

今日の妄言、明日の迷言。

自己紹介

殿さまうさぎ

Author:殿さまうさぎ
甘口・辛口、種種雑多な話題や写真を発信したいと思います。よろしくお願い致します!。
田舎で小さな旅籠とアフラックの保険代理店をしています。

御宿御料理響庵大正館 主人
広島県神石郡神石高原町油木
https://twitter.com/settings/profile

ご来店数

現在のお客様

現在の閲覧者数:

気ままにパシャッ!!

WEBコンサルティング・ホームページ制作

大正館の名物料理、自然・風景、花など

お便りポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

お手紙待っています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達になりませんか?

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

携帯で読み込んでね。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

一緒に始めましょう!

無料blog FC2PIYO  ホームページ サーバー・ホスティング フォーム カウンター 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。