御宿御料理 大正館 『Coffee Break 珈琲の香りに抱かれて、愉しいおしゃべりでちょっとひと息!』

 身の回りの出来事や季節のうつろい、食べたい物や食べた物、 大好きな本や音楽・映画など… 色んな話題をつまみつつ、さあ!香り豊かな珈琲を召し上がれ!時にはググッと苦いかもね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「散歩の途中で出会った美女たち、2010・春」乱写vol.5、『侘助・ワビスケ』&『藪椿・ヤブツバキ』、

『季節の花々』2010.春、乱写・vol.5、
「お散歩の途中で出会った美女たち」、


今回は椿の仲間を紹介します。
椿の仲間は冬~春の寒い季節に咲く照葉樹林の代表的な樹木で、普段何気なく散歩しているコース沿いにも野生種の山椿・藪椿(雑木林や山など)から園芸種の椿・侘び助(公園やお庭、畑など)まで、花の色や形・葉の形など多種多様な種類が至る所で見られます。
古くから日本人の大好きな花木の1つなので、野生の物は大切に保護され、園芸種は多く交配・品種改良されてその美しさを競っているのでしょう。

僕は「雪の降る中、真赤な椿の花が凛として咲き初めている」等と云う椿の姿が「何事にも揺るがない静かで厳しい美しさ」を表しているようで大好きです。
因みに、僕は体を洗う石鹸も資生堂「椿」、シャンプーも資生堂「TUBAKI」と云うくらい椿・椿油の香りが好きです。


*写真はクリックすると大きくなります!
「侘び助・ワビスケ」、2010.3.、大正館、「尾張紋侘び助」5、 
↑・↓「侘助・ワビスケ」、
我が家、田舎の古びた小さな旅籠《御宿御料理・響庵大正館》の前庭に咲く「侘助」(尾張紋侘び助)、椿が大好きな僕が病に倒れた先代(父)から旅館を継いだ時に記念に植えた物です。
我が家の前庭は石組から竹垣作り・植栽等全て僕自身一人で行った手作りの庭なんですよ!
『侘助』=中国産種に由来する「太郎冠者」と云う品種から派生した物で、一般の椿より小型で猪口咲きする物が多い。また蕊が退化して花粉が出来にくいため実がなりにくい特徴をもつ。
名前に関して茶の湯の「侘び寂び」から取ったものであるとか、豊臣秀吉の朝鮮出兵時、千利休の従者「侘助」が朝鮮半島に渡り持ち帰ったから『侘助』と名付けられたと云う説があり、茶花として愛されています。
花言葉は「簡素・控え目」、《小柄で着物の似合う日本美人、茶道や華道の素養のあるお嬢様》と云う感じの花で僕の一番好きな花です。

「侘び助・ワビスケ」、2010.3.、大正館、「尾張紋侘び助」1、 

2010.3.「寒椿」、
↑「藪椿・ヤブツバキ」、
「藪椿」と云うのが正式な和名。「椿」とはツバキ属の花木・樹木の総称です。
『椿』=ツバキ目ツバキ科ツバキ属の植物の総称で、照葉樹林の代表的樹木。
ツバキ属は南西諸島から青森県夏泊半島まで分布し東日本では温暖な地域に自生し西日本ではほぼ全域に自生します。冬から春に掛けて花を咲かせ、春の季語でもある。
高級な材木や木灰・木炭として利用されるほか、種から絞られる椿油は化粧品や食用に珍重される樹木で、花は茶花として愛されています。
花言葉は「理想の愛・謙遜・上品」等、赤い花の椿は「控え目な愛・気取らない美しさ」、白い花の椿は「申し分の無い愛らしさ・理想的な愛情・冷やかな美しさ」など、《優しくて芯の強い優美な日本女性》と云う感じです。
①室町時代からの茶道の発展に伴い「侘び寂び」の象徴としてそれまでの時代に比べより愛され始めた感があり、特に豊臣秀吉・徳川秀忠等が愛した為に多く品種改良がなされた近代園芸植物です。
②「花弁がハラハラと散らず全体がポロリと落ちるところから首が落ちる様が連想され武士に嫌われた」と云うのは明治期に出来た俗説で、むしろ潔い様が武士に好まれ江戸の御家人・旗本の間で内職として多く品種改良がなされた。
③硬く肌理の細かい木質は建材に適していたが現在では建材になる様な大木は国内に存在せず、工芸品や細工物に使われる程度である。
④木灰は日本酒醸造用の最高の木灰とされ、アルミニウムを多く含み染色にも使われた。
⑤木炭は品質がよく、古くは大名の手焙りに欠かせない物であった。
⑥油は食用油・化粧油・灯油として利用される最高級植物性油。

注:「西洋椿」は19世紀に日本から渡った椿が西洋で品種改良された物で優雅で豪華な花容の物が多い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usaginohatago.blog112.fc2.com/tb.php/1258-6f2bb5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AquariumClock 2

今日の妄言、明日の迷言。

自己紹介

殿さまうさぎ

Author:殿さまうさぎ
甘口・辛口、種種雑多な話題や写真を発信したいと思います。よろしくお願い致します!。
田舎で小さな旅籠とアフラックの保険代理店をしています。

御宿御料理響庵大正館 主人
広島県神石郡神石高原町油木
https://twitter.com/settings/profile

ご来店数

現在のお客様

現在の閲覧者数:

気ままにパシャッ!!

WEBコンサルティング・ホームページ制作

大正館の名物料理、自然・風景、花など

お便りポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

お手紙待っています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達になりませんか?

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

携帯で読み込んでね。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

一緒に始めましょう!

無料blog FC2PIYO  ホームページ サーバー・ホスティング フォーム カウンター 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。