FC2ブログ

御宿御料理 大正館 『Coffee Break 珈琲の香りに抱かれて、愉しいおしゃべりでちょっとひと息!』

 身の回りの出来事や季節のうつろい、食べたい物や食べた物、 大好きな本や音楽・映画など… 色んな話題をつまみつつ、さあ!香り豊かな珈琲を召し上がれ!時にはググッと苦いかもね?

「散歩の途中で出会った美女たち、2010・春」乱写vol.12、『ミツバツチグリ』・『オオイヌノフグリ』・『キュウリグサ』・『コメツブツメクサ』+『ツメクサ』、&『フジ』・『シシガシラ(シダ)』、

『季 節の花々』2010.春、乱写・vol.12、
「お散歩の途中で出会った美女たち」、
『ミツバツチグリ』、『オオイヌノフグリ』、
『キュウリグサ』、『コメツブツメクサ』、
『フジ』、『シシガシラ(シダ)』、


今回紹介するのは何時もの「カメラを提げたブラブラ散歩」の途中で出会った野草たち、園芸種とは一味も二味も違う素朴で可憐な姿をお楽しみください。

近視で乱視で老眼の僕には今まで見えていなかったマクロの世界を旅するのがとても面白く日々新発見の連続!その為この頃はマクロレンズの撮影が多くなりがちで、ツイツイ小さな花や花芯に目が行ってしまいます。

大きな体をした僕が路傍に座り込み小さな花を覗き込むようにして撮影している姿は小さな子供たちには何だか奇妙に見えるのでしょう、先日も1人の子が近づいてきて僕の顔を不思議そうに見詰めていたので写真の話をしてファインダーを覗かせてあげると、子供の顔がパッと輝き目の色が興味津々に!多分あの子も「カメラ小僧」になるのでしょうね。


*写真はクリックすると大きくなります!
2010-05-08_EOS 7D_0822、「キジムシロ・雉筵」、2010.5.8.藤井さん宅、
↑『ミツバツチグリ・三葉土栗』、
バラ目バラ科バラ亜科キジムシロ属の多年草で、日本の北海道・本州・四国・九州及び朝鮮・中国(北部・東北部)・ウスリー地方・アムール地方に分布し、日当たりのよい丘陵地や草原・造成地などでごく普通に見られます
種子と匍匐枝を伸ばした先に作る小株で増える強い花で、地下には太い根塊があります。 本種に類似の「ツチグリ」から名前を貰っているのですが、「ツチグリ」の方はその名の通り根塊が栗の様な味がして食べれるのに「ミツバツチグリ」の根塊は硬くて食べれません。
葉は3小葉で春
、野原一面を覆い尽くすように黄色い5弁の花を沢山咲かせます。
花言葉は《可能性を秘めた》【ひ弱そうで優しげだけど実は逞しいスリムな美女】と云う感じです。


2010-05-14_EOS 7D_1023
↑『オオイヌノフグリ・大犬陰嚢』、
シソ目オオバコ科クワガタソウ属の越年草(秋に発芽し翌年枯れる)、ヨーロッパからの帰化植物で「瑠璃唐草」・「天人唐草」など如何にもそれらしい素敵な名前でも呼ばれます。
名前の「オオイヌノフグリ」は『大きな犬の陰嚢』の事で近縁種の「イヌノフグリ」の種子が雄犬の金●に似ているので名付けられたのですが、本種の種子はそれほど金●に似ておらず『イヌノフグリに似た大き目の草花』と云う事、しかしとんでもない名前です。
春の路傍や草原・畦道などで群生しているのが見られ、名前からは想像できない美しいコバルトブルーの小さく可憐な花を咲かせます。
花言葉は《忠実・誠実・信頼・清らか、【コバルトブルーの瞳が印象的な可憐で小柄な美少女】と云う感じです。


2010-05-14_EOS 7D_1043
↑『キュウリグサ・胡瓜草』、
シソ目ムラサキ科キュウリグサ属の越年草で日本全国はじめアジア全体に広く分布、同属の植物は全世界で約40種・日本には本種をはじめ6種が分布しています。
葉を揉むと胡瓜の様な香りがするので「胡瓜草」と呼ばれ、春5mm程の大きさで薄水色の可憐な花を咲かせます。
花言葉は《愛しい人へ》【淡い色合いのワンピースを着た優しげで大人しそうな深窓の令嬢】と云う感じです。


2010-05-14_EOS 7D_1045
↑『コメツブツメクサ・米粒詰草』、
マメ目マメ科シャジクソウ属の越年草で別名「キイロツメクサ」、明治以降に入ってきて今では全国各地の路傍・川土手・草原などで普通に見られるヨーロッパ原産の帰化植物。
春、黄色の小さな花が球形にかたまって咲きとても綺麗なのですが、花が茶色く枯れた後も落ちず残るため花期が過ぎると何だか汚い印象になってしまいます。
花言葉は《ご飯を食べましょう》、【小柄だけどハッとするようなラテン系美人】と云う感じです。

2010-05-14_EOS 7D_1048
↑「コゴメツメクサの群生」、
近付いて目線を下げて眺めるととっても綺麗!今にも迷い込んだアリスがひょっこり顔を覗かせそうです。

アカツメクサ3 
↑・↓「ツメクサ・詰草」、
マメ目マメ科シャジクソウ属の多年草で、明治以降に牧草として輸入された帰化植物、原産は欧州~北アフリカ・西アジア。
写真上は「アカツメクサ(ムラサキツメクサ)」・下は「シロツメクサ」、どちらも一般に「クローバー」とも呼ばれ、子供たちが花飾りを作る格好の材料になります。
詳しくは以前掲載していますので右の【ブログ内検索」で検索してみて下さい。
シロツメクサ1 


  続きです⇒

続きを読む »

スポンサーサイト



 | HOME | 

AquariumClock 2

今日の妄言、明日の迷言。

自己紹介

殿さまうさぎ

Author:殿さまうさぎ
甘口・辛口、種種雑多な話題や写真を発信したいと思います。よろしくお願い致します!。
田舎で小さな旅籠とアフラックの保険代理店をしています。

御宿御料理響庵大正館 主人
広島県神石郡神石高原町油木
https://twitter.com/settings/profile

ご来店数

現在のお客様

現在の閲覧者数:

気ままにパシャッ!!

WEBコンサルティング・ホームページ制作

大正館の名物料理、自然・風景、花など

お便りポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

お手紙待っています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達になりませんか?

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

携帯で読み込んでね。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

一緒に始めましょう!

無料blog FC2PIYO  ホームページ サーバー・ホスティング フォーム カウンター 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログジャンキー