御宿御料理 大正館 『Coffee Break 珈琲の香りに抱かれて、愉しいおしゃべりでちょっとひと息!』

 身の回りの出来事や季節のうつろい、食べたい物や食べた物、 大好きな本や音楽・映画など… 色んな話題をつまみつつ、さあ!香り豊かな珈琲を召し上がれ!時にはググッと苦いかもね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小さな小さな毬栗と大きな団栗」、冬眠前の森の動物には大ご馳走です!

「栗、団栗」、甲山、2
*写真はクリックすると大きくなります!

冬眠前の大ご馳走、森の動物は大喜び!
『小さな小さな毬栗と大きな団栗(クヌギ)』。


「団栗・ドングリ」は、ブナ科の「クヌギ・橡」「カシ・樫」「ナラ・楢」「シイ・椎」「カシワ・柏」などの果実の総称で澱粉質に富み、秋に落ちて冬眠を控えた森の哺乳動物の貴重な食料になり、里山の自然には無くてはならない大切な植物です。
勿論落葉樹ですから秋に落ちた葉は、森を作る微生物や動物の餌として・植物の栄養分として・人間が利用する天然の最良の肥料「腐葉土」として自然の構成要素として無くてはならない物です。

「団栗」の《団》と云う字は「丸い」と云う意味なので狭義では特に写真の《丸型のクヌギの実》をドングリと呼びますが、《縦長のシイの実》《中間的なカシの実》なども一般にドングリと呼ばれ、今も昔も子供たちの玩具やお飯事(オママゴト)の格好の材料として日本中で親しまれています。
そう云えば僕も幼い日に独楽やヤジロベエを作ったり近所の女の子とお飯事をして遊んだ記憶があります。

春に未成熟のまま落ちた毬栗(これも広義には団栗です)も近くに転がっていたので記念撮影しました。

フカフカの厚い落ち葉・腐葉土に覆われ人間や動物に多くの実りや栄養を与えてくれる里山の自然、次の世代に荒れ果てさせず大切に残して置きたい故郷の自然遺産です。

♫「団栗ころころドンブリコ、お池にはまってさぁ大変!…」
ころころ転がる団栗、この歌に歌われてるドングリはきっと丸くて転がり易い「クヌギ団栗」ですね。

「ドングリ・団栗、クヌギ」、甲山、

スポンサーサイト

「散歩の途中で出会った美女たち、2009・秋」乱写vol.5、「ススキ・芒、カヤ・萱、オバナ・尾花」、秋の七草の一つ&「シロガネヨシ・白金葦」+「オギ・荻」。

『季節の花々』2009秋、乱写vol.5
「お散歩の途中で出会った美女たち!」

10月3日は「仲秋の名月・お月見」!
月見と云えば何は無くても「芒(尾花)に萩にお団子」が決まり物
と云う事で、今日は何時もの「ぶらぶら散歩」で出会った美しい『ススキ・芒・薄』・『尾花・萱』・秋の七草の一つを紹介します。

【おまけでイネ科でススキの仲間も紹介します】
*写真はクリックすると大きくなります!
「ススキ・芒・薄、カヤ・萱、尾花」2009.9.・油木、イオス、4
↑・↓「ススキ・芒・薄、尾花・萱とも云います」、
イネ科ススキ属の多年草で日本・中国・朝鮮半島に分布する、「萱」と呼べば《萱葺屋根の材料》として・「尾花」と呼べば《秋の七草の一つ》としてお馴染みの野草。、
1~2mの高さに成長する花穂は動物の尾の様になるので「尾花」とも呼ばれ、細くすらりと長い葉の両側は鋭い剃刀のようになっていて人の皮膚など簡単に切り裂くので注意が必要です。
花言葉は《生命力・心が通じる・勢力》、これは草原が森へと変わる最後の時期に全ての植物を抑えて一人繁茂するススキの姿が力強く目に映るから付けられたのでしょう。歌謡曲の世界での「寂しげな枯れすすき」のイメージとの大きな違いに驚かされます。

夏から秋にかけての葉や花穂はとても美しいので活花や日本画の画題等にも多く使われます。野生種以外に葉に絣や縞の模様があり「縞萱、絣萱」などと呼ばれる園芸品種も沢山ある日本の草原を代表する大好きな花、《人肌恋しい秋の夜長、柔らかく抱きしめたくなるような温かでおおらかな美女、でも内には恋の焔がメラメラと…》と云う感じです。

「ススキ・芒・薄、カヤ・萱、尾花」2009.9.・油木、イオス、3 
↑恥ずかしいんですがチョイとお気に入りの写真。
「ススキ・芒・薄、カヤ・萱、尾花」2009.9.・油木、イオス、1 
「柔らかな綿毛の生えた種子」、
白い毛の生えた軽い種子(頴果・エイカ)は風に飛ばされ旅をします。
秋の夕暮れ、黄金色に輝いて沢山の種子が柔らかな風にフワフワと舞う姿はとても幻想的です。

【乞うご期待!近日公開・『藤袴』、
以上で秋の七草が全てブログ内に揃います】、


   おまけ⇒

続きを読む »

たこ焼き職人・たこ一番の『ねぎ明太マヨ』、&ハローズの激安お弁当とカップスープ

僕の或る日の「ランチ&晩御飯」、
「たこ焼き職人・たこ一番」の「ネギ明太マヨたこ」、1
たこ焼き職人・たこ一番、イズミ福山蔵王店、
『ねぎ明太マヨたこ焼き』、超美味!
(昼ご飯代りに車中で頂きました)


粉物は太るんだそうです!でも粉物が大好きなんです!粉物の無い人生なんて僕には考えられません。
マヨネーズも大好きです!マヨネーズも太るんだそうです!こちらはこの頃控え目に頂いています。

僕は小麦どころに生まれ育ち、青春時代を「食に貪欲で独特の粉物文化が発達した京阪神」、特に京都・大阪で過ごしたので粉物が大好きです。
饂飩や蕎麦などの麺類もパン
や団子・お饅頭なども大好きで良く頂くのですが、この頃気になって仕方ない粉物が…それは『たこ焼き』!
何とかおうちで色んな物を入れた色んな味のたこ焼きを作りながら食べれないかと思案中なんですよね。
少しずつ色んな味の冒険が可能な「自家製たこ焼き」何だか良いと思いませんか?

「お好み焼き」はフライパンやホットプレートがあれば作れるのでよく作りますが「たこ焼き」はあの独特の鉄板(?)で丸く焼かないと出来ません
、真剣に「家庭用たこ焼き器」の購入を考えています。
さてどうなりますやら…


↓「葱がいっぱいの『明太マヨたこ』美味!」、
柔らかい青葱がいっぱいの『明太マヨたこ』、初めて食べたのですがとっても美味!
葱の香りとシャクシャクの歯ざわりが爽やかでピリ辛こってりの明太マヨ&ソースにピッタリ、ご馳走様でした。

*写真はクリックすると大きくなります!
「たこ焼き職人・たこ一番」の「ネギ明太マヨたこ」、3


↓「器用にクルクル二刀流」、
じつに上手いものです、両手の目打ちをクルクルと器用に使い、真ん丸で美味しそうな色に焼き上げていきます。
鋭く尖った目打ちでつつかれる「たこ焼き」何だか痛そうで可哀想にも思えちゃいますね。

「たこ焼き職人・たこ一番」の「ネギ明太マヨたこ」、2

   続く⇒

続きを読む »

「散歩の途中で出会った美女たち、2009・秋」乱写・倉敷中央病院編②、「熱帯性睡蓮」&「ブッソウゲ・仏桑花=ハイビスカス」&「ナンバンギセル・南蛮煙管」、

『季節の花々』2009秋・乱写
「倉敷中央病院で出会った美女②」


何かとよく行く倉敷中央病院の中央待合室は吹き抜けの広いスペースで可愛い噴水がある「一年中快適な温室」、熱帯性の植物などが育てられ訪れた多くの人達が何時も優しく癒されています。
今日はそこで出会った南国美女などを紹介します。


*写真はクリックすると大きくなります!
睡蓮、熱帯性睡蓮、倉敷中央病院、1 
↑・↓「睡蓮・熱帯性睡蓮」、
スイレン科スイレン属の水生多年草で、単にスイレンと呼ばれ日本に自生するのは「ヒツジグサ」と云う温帯性の品種のみ。
水位の安定した静水面に生育し、葉には撥水性が無く・切れ込みがあるので水位によっては水没する事もあります。
温帯性スイレンは花が水面の近くに浮いた様に咲き、熱帯性スイレンは花が水面上に伸びた茎の上に咲くのが特徴で、スコールなどでの短時間の水位変動に対応してるのでしょう。
温帯性・熱帯性共に野生種・園芸種が多く、熱帯性睡蓮の原産地はエジプトです。
注:「ハス・蓮」の葉には撥水性があり切れ込みがありません。良く似ていますが葉の上に水玉が乗っていれば「蓮」です。

睡蓮、熱帯性睡蓮、倉敷中央病院、2 
とっても美しくて引き込まれそうなそうな色合い。
花言葉は《純潔・純情・信頼・甘美》、《薄いヴェールを纏った優しげで色っぽい中近東出身の美女》と云う感じです。

睡蓮、熱帯性睡蓮、倉敷中央病院、3 
*写真はクリックすると大きくなります!
「ハイビスカス」、倉敷中央病院、1
↑・↓「ブッソウゲ・仏桑花=ハイビスカス」、
アオイ科フヨウ属の熱帯性低木で南国と云えば先ず一番に連想される花、沖縄では「赤花」と呼ばれ至る所で見られます。
もともと雑種植物なので変異に富み・8000種以上の園芸品種・雑種が認められています。
花言葉は《上品な美しさ・常に新しい美・繊細なび・新しい恋・勇敢》、《小麦色に日焼けして何時も眩しそうな眼をしたグラマーな南国美人》と云う感じです。
僕的には、「ゴーギャンが描いた腰布一枚の豊満で大らかなタヒチ女性」や「青春時代の衝撃的グラビアアイドル、アグネス・ラムちゃん」が思い浮かびます。

そう云えば高校時代の狭い下宿の壁に、辛子色のニットのビキニ姿で眩しげに微笑む大きなラムちゃんのポスターを貼っていたのをハッキリと覚えています(年齢が判っちゃいますね!)。
「ラムちゃん本当スタイル抜群で健康的なお色気たっぷりで可愛かったなぁ~!歌は今一でしたが…」、
甘酸っぱくてほろ苦い様な青春時代・思春期の思い出です。

「ハイビスカス」、倉敷中央病院、2 
「ナンバンギセル」、倉敷中央病院、1
↑・↓「ナンバンギセル・南蛮煙管、古くは思草・オモイグサ」、
ハマウツボ科ナンバンギセル属の一年草で日本全土で見られる、葉緑素を持たずイネ科やカヤツリグサ科・ミョウガ科等の植物を宿主として
寄生し根から養分を奪い取って成長する寄生植物です。
名前の由来は、室町~安土桃山時代にかけ南蛮(外国)から伝来した煙草を吸う道具・煙管(パイプ)に似ているところから名付けられましたが、それ以前の日本では「思草・オモイグサ」と呼ばれていたようで、万葉集(巻十)に「道辺の尾花が下の思草、今更になど物か思わむ」などと詠まれています。
花言葉は《もの・思い遠距離恋愛》、《何となく病弱で蒲柳のたちの小柄な女性、寂しげな美しさの陰にしたたかなもう一つの顔が…》と云う感じです。ちと恐ろしいですね!

「ナンバンギセル」、倉敷中央病院、2
注:ナンバンギセルの様に葉緑素を持たないため光合成を行わず全ての栄養分を宿主から得る植物を【完全寄生植物】と云い、
ヤドリギの様に葉緑素を持ち光合成をしながら生育に不足する栄養分を宿主から得る植物を【半寄生植物】と云います。
しかし何に寄らず要領の良いチョイと横着な植物ですね。

 

「散歩の途中で出会った美女たち、2009・秋」乱写vol.4、「ヌルデ・白膠木」・「オトコエシ・男郎花」、

『季節の花々』2009秋・乱写vol.4
「お散歩の途中で出会った美女たち」!


お馴染みの「カメラ片手のぶらぶら散歩」で出会った美女たち(花・花木)をご紹介します。
何時も見慣れた植物も一歩近づいて見詰めてみると驚くほど芸術的かつ神秘的な美しさに溢れています。
《疲れた心を
何時も優しく癒し・和ませてくれる季節の花々たち、大々々好きです》。

*写真はクリックすると大きくなります!

「ヌルデ」、1
↑・↓「ヌルデ・白膠木、別名:カチノキ・勝の木」、
ウルシ科ヌルデ属
の落葉高木で雌雄異株、東アジア~東南アジアに広く自生し、まれに触るとかぶれる人もあるので要注意!
古代日本で起きた蘇我馬子と物部守屋との戦いの時(仏教容認に関しての政争)、蘇我氏と共に戦った聖徳太子が戦勝祈願の仏像を彫った木である事から「勝の木」とも呼ばれる縁起の良い木です。

ヌルデシロアブラムシが寄生して出来る大きな虫こぶ(虫嬰)にはタンニンが多く含まれており、草木染(色名は「空五倍子色(うつふしいろ)」)や皮なめし等に使われたほか日本女性の習慣だった鉄漿(お歯黒)にも使われていました。
また五倍子(ゴバイシ)・付子(フシ)と呼ばれる腫れ物・歯痛などに効く生薬でもあり、生活に欠かせない植物の一つとして日本人に古くから親しまれています。
「ヌルデ」、2 
花言葉は《知的な・華やか・壮麗・信仰》、《信仰心豊でどっしりとして華やかな美しい大人の女性》と云う感じです。
「ヌルデ」、3
*写真はクリックすると大きくなります!
秋の花「オトコエシ」、2009.9.、1
↑・↓「オトコエシ・男郎花」、
オミナエシ科オミナエシ属の多年草で日本・朝鮮半島・中国に自生する野草で、秋の七草の一つ「オミナエシ・女郎花」とそっくりですが全体の印象が大振りなので「オトコエシ・男郎花」と呼ばれます。
花の香りが腐った醤油の様なので「敗醤・ハイショウ」とも呼ばれますが、沢山の白い可憐な花が咲く美しい花で、花言葉は《野性味》。
名前や香りの印象からで可哀そうですが《この頃流行りのオネエマン、美しいニューハーフ》と云う感じ「椿姫彩奈ちゃんでは無くはるな愛・大西賢示さん」かな?

秋の花「オヨコエシ」、2009.9.2、
↑「花に隠れ獲物を待つ狩人」、
オトコエシの花陰でじっと獲物がやって来るのを待つ「蜘蛛」、まるで忍者の様でよ~く目を凝らさないと見逃してしまいます。

 

「松枯れ」・紅葉ではなく松だけが枯れています!これで「松茸」など生える訳がありません!

「松枯れ」、1 
『松枯れ』、
少し早目の紅葉じゃありません!
我が家の周りの・広島県内の・中国地方の・日本中の松が・山々が大変な事になっています!


「松枯れ」・「松喰い虫被害」=『松材線虫病』~
直接の原因は松喰い虫(古くは松の樹皮下で繁殖するカミキリムシ等の甲虫をこう呼んでいたが、現在ではマツノマダラカミキリと云う甲虫によって媒介されるマツノザイセンチュウという線虫をさす)の爆発的な繁殖と伝染による被害ですが…
僕にはどうも違うように思えてなりません。

《環境ホルモンや有害物質の垂れ流し等の人間による環境破壊や汚染》と共に《地球温暖化に伴う生育環境の変化、特に気温変化や降水量など》が【生態系の破壊や森の崩壊、「松枯れ」・野生動物による被害等】に多大な影響を及ぼしてると思います。

松が枯れ・森が崩壊、生活環境の変化に付いていけない野生動物の反乱(農作物や人間への直接的被害)、次は人間自身に重大な被害【地球・大自然からのが痛烈なしっぺ返し】がやって来ること間違い無しです!
「Save Our Earth!ストップ温暖化!」、
今私たち個人に出来る事から始めましょう!


*写真はクリックすると大きくなります!
「松枯れ」、2
↑・↓「緑以外の部分は全て枯れた松」、
見渡す限り全ての松が枯れています。
これじゃあ「松茸」など生えるはずはありません。
広島の松茸はほぼ全滅に!いやこのままでは日本中で松茸が一本も生えなくなる日も近いかも?

「松枯れ」、3

 

カルピス、フルーツ・カルピス「香るマスカット&カルピス」、甘酸っぱい美味しさ最高!

カルピス「香るマスカット&カルピス」、 
*写真はクリックすると大きくなります!

カルピスの美味しい新商品、
フルーツカルピス『香るマスカット&カルピス』、

マスカット・オブ・アレキサンドリアの果汁のみ(と云っても果汁は1%)を使った甘酸っぱく爽やかな味がとっても美味!
勿論カロリーオフなので最高です

乳酸菌の自然の恵みから生まれたカルピス、90年も受け継がれてきたカルピス独自の乳酸菌からいます。
《フルーツ・カルピス、ホームページ》~
http://www.calpis.co.jp/fc/

 

神戸屋「ちくわパン・わさびマヨ味」、パンとちくわの組み合わせが最高!

神戸屋「ちくわパン、わさびマヨ」、1 
神戸屋『ちくわパン・わさびマヨ味』、
パンとちくわの組み合わせが美味!

焼きたてパンの店ではよく見掛けるのに竹輪が傷みやすいからか量産タイプには無かった「ちくわパン」、初めて見つけました。

ピリッとした辛味が魚肉によくあい殺菌作用もある「わさび」が使われた「わさびマヨ」がとっても美味!
パンが大好き、練り物・くずし物大好きの僕には堪らない一品。
市販の竹輪のサイズに合わせて作られたのでチョット小振りでパンと竹輪のバランスが悪いのがチト物足りない…
長めの竹輪をホットドッグの様な形のパンに入れればパンと竹輪のバランスが最高なのにね!
しかし何だかんだ云いながら、見たら買っちゃいそうです。


*写真はクリックすると大きくなります!
神戸屋「ちくわパン、わさびマヨ」、2

 

オーム電機「ミニLEDプッシュライト」・お徳用2個セット、とっても便利です!

オーム電気「ミニLEDプッシュライト・お徳用2個セット」、1
オーム電機『ミニLEDプッシュライト』、
お徳用2個セット、とっても便利です!


両面テープで貼り付けて使う電池式ミニプッシュライト、配線要らずでクローゼットやキャビネット・倉庫の中など灯りや電源の無い場所でチョコット大活躍、LED使用で省エネ・長寿命です。

レンズスイッチがとても明るく、取り付け・取り外しもワンタッチでとっさの場合には懐中電灯代わりにもなります。
僕は書棚の中や押し入れ・枕元などで便利に使っています。


*写真はクリックすると大きくなります!

オーム電気「ミニLEDプッシュライト・お徳用2個セット」、3

 

高速道路上の「陸上自衛隊部隊第46普通科連隊第2中隊」、国土防衛の頼もしい車両隊、

威風堂々、山陽自動車道を行く
「陸上自衛隊第46普通科連隊第2中隊」の車列、
第13旅団隷下・海田駐屯地(広島県安芸郡海田町)


山陽自動車道で出会った海田駐屯地の陸上自衛隊第13旅団隷下の「第46普通科連隊(軽歩兵連隊)第2中隊」の堂々たる車列
日本原演習場(岡山県津山市)か饗庭野演習場(滋賀県高島市)での火力演習の帰りでしょうか、弾薬輸送車・特殊作業車を伴い多くの荷台も牽引して移動中。

広島県全般を主な警備担任区域にする第46普通科連隊、有事に備えての厳しい訓練に励みつつ災害時などの救援活動などで県民の安全のため大活躍中。
「何時もご苦労様です、有難う御座います。敬礼!」

僕は右よりでも左よりでもないリベラリストです。
国家は《自国を驕らず他国を見下さず、大国に対し卑屈にならず小国を侮らず、正義は正々堂々と貫き不義は厳正に正す、自国を正しく伝え他国を正しく理解する》、そうあらねばならぬと思います。
今年は変革・政変の年、国の在り方や憲法についても国民としてきちんと考える事がそろそろ必要なのではないでしょうか?

閑話休題~
高速道路上で「軽装甲機動車」に出会うのが珍しい上、「特殊作業車両」の写真まで撮れたので
男の子・男性限定の記事でしょうが掲載します。

*写真はクリックすると大きくなります!
IMG_6771.jpg 
↑「軽装甲機動車・LAV(ライトアーマー)」、
主に普通科部隊に配備されている装輪装甲車で、部隊使用承認車両として運用されているので○○式とは名付けられていない。
全長:4.4m・全幅:2.04m・全高:1.85m・重量:4.4t・乗員:4‐5人、小松製作所製でディーゼルエンジン搭載・最高速度は約100km/h、詳細は勿論軍事機密!
写真は多分「中隊長指揮用車両」で銃器が装着されていない状態です。

IMG_6766.jpg
↑「73式小型トラックと荷物台(牽引車)」、
1973年に採用された汎用小型車両なので便宜上73式と呼ばれるが実は制式化されておらず正式名は「1/2トラック」、旧型は「ジープ」・新型は「パジェロ」と呼ばれる。
全長:4.14m・全幅:1.765m・全高:1.97m・重量:1940kg・乗員:6人、三菱自動車製【=特別仕様パジェロ】
陸上自衛隊車両中唯一の冷房可能エアコン搭載車で災害出動時の情報収集用AM・FMラジオも装備。

IMG_6761.jpg
↑「高機動車・HMV『疾風(ハヤテ)』と荷物台(牽引車)」、
『疾風』と云う愛称の人員輸送用車両、部隊内では「コウキ」・「メガクル」等と呼ばれます。
歩兵科基本単位である1個小銃小隊10人の輸送を目的に90年台初頭から配備されている1両約700万円程の兵員輸送車。
全長:4.91m・全幅:2.15m・全高:2.35m・重量:2.55t・乗員10人、日野自動車製(開発はトヨタ自動車)で直噴ディーゼルエンジン搭載。
人員輸送・物資運搬など国内・国際任務などで多用途に利用される車両。


*写真はクリックすると大きくなります!

IMG_6760.jpg
↑「73式大型トラック」【危険!弾薬運送中】、
人員及び物資輸送等に使用される汎用キャブオーバートラックで
陸上自衛隊で最も多く配備されている車両で、
愛称は「カーゴ」。
「73式」と呼ばれるが制式化されていないので正式名は「3・1/2tトラック」。
全長:7.15m・全幅:2.485m・全高:3.08m・重量:8.57t・積載量:路外3.5t・路上6.0t・人員22人、いすゞ自動車製で
6速AT・フルタイム6WDの物凄い奴。
それこそ何でも運ぶ力持ちです。

IMG_6762.jpg
↑・↓「自衛隊車両の一番の特徴=徹底的な頑丈さと抜群のロードクリアランス&全車輪駆動」、
隣を走行中の普通乗用車や大型貨物トラックと比べてみて下さい、ボディーと路面が十分に離れています。
これでこそ野戦は勿論災害出動時などに、少々の悪路なら腹を擦ったりせず余裕で出動・走行可能!
しかもジャッキアップ無しで下側からの修理が可能!
全く頼もしい車両達、頑丈なのは当たり前です。

素朴な疑問?~ 
①一般道を走るのだから車検はあるのでしょうか?ナンバープレートが特別なので多分ありませんよね。
②排ガス規制はクリアしてるのでしょうか?兎に角頑丈で重いボディーだからエンジンも大きくて強力、燃費も悪くて排気ガスも凄いはずですが特殊車両ですから関係無いんでしょうね。
IMG_6763.jpg 

    続きです⇒

続きを読む »

ヤマザキ「三色団子」、ほのかな甘さが美味!+雪印「練乳ミルクバー」、秋だけど美味!

ヤマザキ「三色団子」、1 
*写真はクリックすると大きくなります!

ヤマザキ『三色団子』、
ほのかな甘さが美味しい「団子3兄弟」!

トヨタ「ヴィッツ」の宣伝・TV‐CMで可愛いリラックマと好きな女優・田中麗奈ちゃんが手にしているのはこのお団子でしょうか?

モチモチ・プルプルのほのかに甘いお団子、味は同じですが3色に染め分けられてとっても可愛いくて美味です!

ヤマザキの「三色団子」・「みたらし団子」・「アンコ団子」は、僕《メタボ戦隊タベルンジャーうさぎ》がついつい手が出てしまうスーパー・パン売り場に仕掛けられた《メタボ・トラップ》です!
ヤマザキ「三色団子」、2 

   続きが⇒

続きを読む »

「散歩の途中で出会った美女たち、2009・秋」乱写・倉敷中央病院編①、「ハギ・萩、白萩・赤萩」2009.、とっても綺麗です!

『季節の花々』2009秋・乱写
「倉敷中央病院で出会った美女①」


倉敷中央病院は日本屈指のとても優秀な(医療技術・医療設備は勿論、倫理的にも超優秀)大病院です。
僕もある事情で御縁が出来て以来時々通わせて頂いていますが、何時訪れても病院の内外に美しい花々が沢山咲いていて心が和み・癒されます。

と云う事でこれから数回に亘り、最近
病院で出会った美しい花々を紹介します。
今日は「ハギ・萩、鹿鳴草」です。

『ハギ・萩、鹿鳴草』~
マメ科ハギ属の総称で《秋の七草の一つ》の落葉低木で、花言葉は《過去の思い出・前向きな恋・内気・もの思いなど、変わったのでは「恨みます」何だか意味深です》。
花期は7~10月で日本全域に分布し、古くから日本人に親しまれ「万葉集」で最もよく詠まれている《万葉植物》で別名は『鹿鳴草・芽子・生芽』など【「万葉集」で萩は鹿とよく一緒に詠まれ対の様なので『鹿鳴草』と呼ばれます】。
野生種・園芸種など多くの種類があり、荒れ地や痩せ地でもよく育つので治山・砂防などの緑化にも大変役立っています。

注:《秋の七草》~「萩・尾花・葛・女郎花・藤袴・桔梗・撫子(ハギ・オバナ・クズ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウ・ナデシコ)」、鑑賞用=花です。
  《春の七草》~「芹・薺・御形・繫縷・仏座・菘・蘿蔔(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)」、食用=七草粥にします。


*写真はクリックすると大きくなります!
「ハギ・萩・白萩」、倉敷中央病院、1
↑・↓「シラハギ・白萩」、
園芸種で「ミヤギノハギの変種」だと思います。
病院の庭で眺めると白衣を連想してしまうほど清潔感のある濁りのない美しい色です。
《限りなく純粋で優しく芯の強い美しい看護師さん》と云う感じの花です。

「ハギ・萩・白萩」、倉敷中央病院、2 
「ハギ・萩・白萩」、倉敷中央病院、4
*写真はクリックすると大きくなります!
「ハギ・萩・赤萩」、倉敷中央病院、1
↑・↓「ハギ・萩」、
「萩」と云えばやはりこの色・この形ですね!
秋を代表する可憐で美しい花、遠くから眺めても近付いて見詰めても何時も変わらず「優しく愛らしい表情」です。
《内に熱い慕情の炎が隠された、一見無邪気で可憐な美しい乙女》という感じで僕の大好きな花の一つです。
「ハギ・萩・赤萩」、倉敷中央病院、2
「ハギ・萩・赤萩」、倉敷中央病院、3

10月3日は「仲秋の名月・お月見」です。
古より【尾花と萩を飾りお団子を頂くのが決まりの行事】、落ち着いて歌でも詠める良い天気になりますように!

今はお彼岸、『おはぎ』が食べたい!
注:秋に頂くのが「おはぎ・お萩」で、春に頂くのは「おぼた・牡丹餅」です!お間違えのないようにね。


「セスジスズメの幼虫」、8㎝もある派手な大芋虫です!

「セスジスズメ、ガ・蛾」の幼虫、1 
『セスジスズメ・背筋雀(蛾)の幼虫』、
8cm以上もある派手な大芋虫、
模様は綺麗なのですがキショイ!


或る日の午後、我が家の前の旧国道を(R182、バイパス化され市街地の道路は町道に)横断中の「セスジスズメの幼虫」を発見!気持ち悪いけど車に轢かれぬよう安全に反対側へ移してあげました。
鮮やかな模様がとても綺麗な幼虫なのですが、僕にはやっぱり気色悪い!勇気を出して記念撮影です。

【セスジスズメ・背筋雀】~
鱗翅目スズメガ科コスズメ属、初期のジェット戦闘機の様な形をした茶色の蛾、翅に暗褐色の太い帯が入っているのが特徴で、日本中に広く生息します。
幼虫には気門より後ろに黄色やオレンジ色の眼状紋が連続して並び、尾角が1本あり成虫に比べて驚くほど派手です。

「セスジスズメ、ガ・蛾」の幼虫、2
↑・↓「細い部分の先端が頭」、
先の黒く丸い部分が頭、胴体にある前から2列の黄色い眼状紋はまるで本物の眼の様で超不思議!全体的に妖しく奇妙な雰囲気がいっぱいです。

「セスジスズメ、ガ・蛾」の幼虫、5

 

 

ダイドーの復刻堂飲料「森永ミルクキャラメル、ミルクセーキ」&「ウルトラサイダー」&「ダイドー・コーヒー」&「三ツ矢サイダー」、懐かし可愛いデザインです!

ダイドードリンコの「復刻堂」飲料、
懐かし可愛いいパッケージ・デザイン、
自販機で見つけ嬉しくなりました!

お散歩コースの途中にある自動販売機で発見!
懐かしいデザインが堪らなく可愛いい缶飲料、カロリーオフじゃないので僕は飲まないのですがついつい買っちゃいました。
《上の写真の2商品・「森永ミルクキャラメル」缶はキャラメルが大好きだった亡き父に、下の2商品は買わずに写真撮影のみです》。


味やカロリーは問題無し、兎に角デザインが可愛い過ぎます!

*写真はクリックすると大きくなります!
ダイドー、復刻堂「森永ミルクキャラメル、ミルクセーキ」&「ウルトラサイダー」、 
↑「森永ミルクキャラメル・ミルクセーキ」&「ウルトラサイダー」、

ダイドー、復刻堂「ダイドー復刻堂コーヒー」&「三ツ矢サイダー」、
 ↑「ダイドー・コーヒー」&「三ツ矢サイダー」、

 

鎌倉ハム・「ビーフジャーキー」、創業1900年の伝統の味・美味!、

鎌倉ハム「ビーフジャーキー」、2 
*写真はクリックすると大きくなります!

鎌倉ハム・『ビーフジャーキー』、
創業・西暦1900年の伝統の味、
酒の肴にも料理にもとっても美味!


鎌倉ハム・富岡商会、古都鎌倉で100年以上も伝統製法を大切にしながら美味しいハムを作っています。

「ビーフジャーキー」は減塩なんてなんのその!どっしりした牛肉の旨味と伝統的な濃いめの味付けがギュッと凝縮されてとても美味!
そのまま酒の肴にしても良し、細かくかく割いて料理の出汁・隠し味にしても抜群です。
僕は一口サイズにちぎり、ウォッカに浸しておいて頂くのが好き!
ビールやウヰスキー等によくあうんですよ。

鎌倉ハム「ビーフジャーキー」、1 

 

「南天の実」、秋の深まりと共に真っ赤になります!

「南天の実」、石井 
*写真はクリックすると大きくなります!

『南天の実』、
秋の深まりと共に段々と赤く赤く色付いていきます。

美味しい秋の味覚・第一弾、「ピヨーネ」&「栗」、大好きです!

苦難の季節・「食欲の秋」到来!
強敵・秋の味覚続々登場に《メタボ戦隊タベルンジャーうさぎ》は如何に戦うのか?
第一弾『ピヨーネ』&『栗』、


待望の季節、「実りの秋」・「食欲の秋」がやって来て、美味しい秋の味覚が毎日続々登場します。
《メタボ戦隊タベルンジャーうさぎ》の僕にはチョイと苦難の季節です…しっかり運動して楽しみながら強敵達と戦います!

秋って本当に美味しい物が一杯で困っちゃいます。
それに何故だか何を食べても美味しいんですよね!


*写真はクリックすると大きくなります!
油木・はら農園の「ピヨーネ」、3 
↑・↓「ピヨーネ」、
ジューシーで甘~っ酸っぱい地元の特産「ピヨーネ」大好きです!
お値段は少々高目なので贅沢と思うのですが、その美味しい誘惑に負けてしまって時々買って食べちゃいます。
「ピヨーネ」と岡山の「マスカット(・オブ・アレキサンドリア)」、まさに食用葡萄界の双璧・両横綱です
注:ワイン用ブドウはめた別物ですね。
油木・はら農園の「ピヨーネ」、2
「栗」2009.、2 
↑・↓「栗」、
イガイガの中から現れた栗坊主、甘くてホクホクな秋の美味。
栗ご飯や煮物も美味しいですが、このまま焼き栗や茹で栗にして縦半分に切り、スプーンで穿って頂くのがお勧めです。
野趣溢れる栗本来の味を堪能できます!

「栗」2009.、1

   おまけです⇒

続きを読む »

「ハグロトンボ・羽黒蜻蛉、雌」、ひらひらと蝶の様に舞う優雅な蜻蛉です。

『ハグロトンボ・羽黒蜻蛉』の♀、
優雅にひらひらと蝶の様に舞います!


割と強い雨の降っていた朝、我が家・小さな旅籠《御宿御料理・響庵大正館》の軒先で雨宿りをしている『♀のハグロトンボ』を発見!
早速モデルになって貰って記念撮影しました。
注:体色から多分「メス」の個体と思われます!


*写真はクリックすると大きくなります!
「ハグロトンボ」、3
↓・↑「ハグロトンボ・羽黒蜻蛉」、
カワトンボ科アオハダトンボ属のトンボで日本・朝鮮半島・中国・ロシアに分布し、翅が黒
いのが特徴。
雄♂の体色は《黒+独特の緑色系金属光沢》・雌♀の体色は《黒褐色》で、どちらも斑紋は無く、他のトンボと違い蝶の様にひらひらと優雅に飛びます
川などの水辺で生まれ、羽化後暫くは林などの内陸部で生活し成熟すると水辺に戻り交尾・産卵をします。
《黒いドレスを纏った優雅で美しい貴婦人》と云った感じ?、それとも《喪服に身を包んだ悲しげな美女》と云う感じでしょうか?貴方はどう思いますか?。

「ハグロトンボ」、4
「ハグロトンボ」、6
↑・↓「頭と胸のクローズアップ」、
この個体は、全体に黒褐色なのでメスと思われますが、アップで見ると顔や胸の辺りに独特の緑色系金属光沢が見られます。
オスの個体の胴はこんな風な色合いで全体に光沢があり物凄く派手で綺麗!トンボの世界は人間と違い、雄の方が光物大好きで派手好きなんですね。
しかし流石は肉食昆虫の代表「トンボ」の一種、アップにした顔は凶暴そうで少々怖い感じがします。
「ハグロトンボ」、2
*写真はクリックすると大きくなります!
「ハグロトンボ」、1
↑・↓「翅の付け根から胴・翅のクローズアップ」、
近づいて眺めてみると精密で美しい模様に驚かされて魅了されてしまいそうです。
羽ばたく力の伝達や抵抗の分散・強度の確保と軽量化、きっと物凄いテクノロジーが隠された最先端航空機の羽のよりも性能的に上なんでしょうね。

「ハグロトンボ」、8

カメラ生活の便利グッズ、エツミ「キャップ・ホルダーA」&ケンコー「フィルター丸型プラスチックケース」、

僕のカメラ生活の便利グッズ、
エツミ「キャップホルダーA」&
ケンコー「フィルター丸型プラスチックケース」、便利です!

*写真はクリックすると大きくなります!
エツミ「キャップホルダーA」、1
↑・↓エツミ「キャップホルダーA」、
ついつい何時の間にか落として無くしてしまうレンズキャップ(僕だけじゃ無いですよね!)、でもこれを付けておくと心配無しでとっても便利!
勿論僕は全てのレンズに付けています
レンズ交換する一眼レフタイプにお勧めの商品キャップは両面テープで貼り付けて固定し、紐の反対側のゴムバンドをレンズ本体・鏡胴にはめておくタイプ=A》です。
レンズ交換しないタイプのカメラ用には
キャップは両面テープで貼り付けて固定し、紐の反対側のフックでカメラ本体の吊具などに固定するタイプ=B》もあります。
たったこれだけの事ですが、これだけの事のお陰で安心してカメラ生活を楽しめるんですよね!
落し物や無くし物をするのって嫌ですもんね。

エツミ「キャップホルダーA」、2

ケンコー「フィルターケース丸型、4号」、1
↑・↓ケンコー「フィルター丸型プラスチックケース」、
レンズの先に取り付けて使うフィルターのケースです。
この頃の僕はデジタルカメラを使ってカメラ生活を存分に楽しんでいます。
撮影データーをコンピューターに取り込んで自分で写真の修正や加工が出来るので使用するフィルターは《PLやND》が殆どですが、以前のフィルム時代には《ソフトタイプやフォギータイプ、色補正タイプや特殊効果タイプ》など沢山のフィルターを使って楽しんでいました。
撮影後に加工するのも便利で良いのですが、僕は色々工夫しながら撮影するのも大好きなので未だに《PLやND+何枚かのフィルター》を使っています【写真は下手ですけど好きなんですよね!】。
そんなフィルターを持ち運ぶのにずっと愛用しているのがこのケース、開け閉めが簡単で使いやすく大切なフィルターを安全に持ち運べます。
僕にはチンプンカンプンですが露出倍数表も付いてるので上級者の人にはとっても便利かも?です。

ケンコー「フィルターケース丸型、4号」、2

「ピーマン、パプリカ」、ナス科トウガラシ属の一年草、大好き!空っぽじゃありませんよ!

「藤井さんちのピーマン」、
*写真はクリックすると大きくなります!

『ピーマン、パプリカ、獅子唐辛子』、
決して空っぽじゃありません、
中には美味しさが一杯詰まってる
大好きなお野菜の1つです!


ナス科トウガラシ属の一年草、色・大きさ・形と様々な物があってとっても美味しいピーマンです。
よく中身が空っぽなので「頭がピーマン」などと悪口に使われちゃいますが、実に失礼で腹立たしいです。
何故って?それは僕が「ピーマン大好き」だからです。

生食は勿論美味ですし、軽くチンしてサラダに入れたり、直火で真っ黒に焼き薄皮をむいで和え物にしたり、中華風・洋風・和風色んな料理のチョット癖のある脇役に美味しいんですよね!

中身は空っぽじゃないんですよ!
「肉味噌やツナ味噌」を作って縦半分か上を切り取ったピーマンの中に入れ、オーブンかフライパンで焼いた『焼ピーマン(ピーマンの●●詰め)』、カレー風味にしても美味!チーズを乗せても美味!色んな味を楽しめて最高ですよ。
間も無くシルバーウィークです。
《お子さんと一緒にあれこれ好みの味付けを楽しんで、お祖父ちゃん・お祖母ちゃんにご馳走する》ってのは如何でしょうか?《敬老の日》がすぐですよ!
   

メグミルクの絶品スィーツ「栗原さんちのおすそわけ」シリーズ3品、「ほろにが抹茶プリン・すっぱいレモンソース」&「塩ミルクキャラメルプリン・本格エスプレッソソース」+「とろけるパンナコッタ・ほろにがカラメルソース」、抜群の美味!

メグミルクの絶品スイーツ!
『栗原さんちのおすそわけ』3種、
この価格帯No.1の美味しさ!

スーパーで売っている《1つ\100前後の価格帯のお手軽スイーツ》の中、「これは凄く美味くって堪らない! 」と云う商品、僕のスーパー部門No.1スイーツです。

*写真はクリックすると大きくなります!
IMG_6657.jpg
↑・↓「ほろにが抹茶プリン・すっぱいレモンソース」、
抹茶の苦味とレモンの酸味、思い掛けない組み合わせが新鮮で美味!
プリンのミルク風味の濃厚さと滑らかさが抹茶とレモンのコラボをより一層引き立てています。

IMG_6660.jpg
IMG_6659.jpg
*写真はクリックすると大きくなります!
IMG_6604.jpg
↑・↓「塩ミルクキャラメルプリン・本格エスプレッソソース」、
塩を効かせてキャラメルの甘さをより一層際立たせた今
流行のプリンに『グッ』と苦味の強い大人の味・エスプレッソソース、良いねぇ~!珈琲好きには堪りません。
良い雰囲気の夜など、ソースを『カルーア珈琲リキュール』などにしちゃえば恋人たちにもピッタリですよ。

IMG_6608.jpg
IMG_6609.jpg

    おまけ⇒

続きを読む »

「散歩の途中で出会った美女たち、2009・秋」乱写vol.3、「ヨウシュヤマゴボウ」・「イヌタデ」・「ツリガネニンジン」・「ワレモコウ」、

『季節の花々』2009秋・乱写vol.3
「お散歩の途中で出会った美女たち」!


何時もの「カメラ片手のぶらぶら散歩」で出会った美女たち、雑草に分類されちゃう物もありますが愛でる心で眺めてみると「ハッ!」とする美しさ貴方の周りにもきっとある可憐で素敵な花々なので紹介します。

《植物も動物も人間も、神が創り給うた物は全てが驚く程美しく芸術的で素晴らしいですね!》。

*写真はクリックすると大きくなります!
「ヨウシャヤマゴボウ」、1
↑・↓「ヨウシュヤマゴボウ・洋種山牛蒡」、
ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草で、
明治以降に輸入された北米原産の帰化植物で、花言葉は《繊細・清純》。
写真は花と未成熟果で、秋には黒く熟したぶどうに似た実になります【乞うご期待!良い写真が撮れたら掲載しますね】
全草に強い毒性がある《毒草》で、誤食すると嘔吐や下痢から中枢神経麻痺や痙攣・意識障害が起き、最悪な場合呼吸障害や心臓麻痺で死に至る事もある《要注意・危険植物》です!

手を出してしまったら大火傷しそうな派手で陽気なヤンキー娘》と云う感じですかね。
「ヨウシャヤマゴボウ」、2

「イヌタデ・犬蓼」、1
↑・↓「イヌタデ・犬蓼」、
タデ科タデ属の一年草で、日本中の至る所で普通に見られる雑草で花言葉は《健康・節操》。
食用種の蓼=「ヤナギタデ・柳蓼」や「ベニタデ・紅蓼」などと違い、葉に蓼独特の辛味が無いため「イヌタデ=役に立たない蓼」と呼ばれますが、小さな赤い実を沢山つけた姿は大変美しく、日本画にも画題としてよく登場します。
実が赤飯のように見えることから「あかまんま」と呼ばれ、子供たちの「おままごと」に使われる事も…
注①:【諺「蓼食う虫も好き好き」=「わざわざ辛い蓼など食べなくても他に美味しい草なら幾らもあるだろういに…、人も虫と同じで変わった好みの奴って居るもんだな!」】の蓼は食用の蓼の事です。
注②:食用種の蓼の葉を細かく当ってお酢と混ぜた物が「蓼酢」、鮎の塩焼きなどを頂く時に添えると大変美味我が家【御宿御料理・響庵大正館】でもご賞味頂き喜ばれています!。
《さり気なくお召しをまとった
鄙には稀な美女》と云う感じの美しい花、茶花にも良さそうですね。
「イヌタデ・犬蓼」、2
*写真はクリックすると大きくなります!
2009.9.藤井さん「ツリガネニンジン(ツリガネソウ)」、
↑「ツリガネニンジン・釣鐘人参」、
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草で花言葉は《貞節・誠実》。
日本全土と千島列島・樺太に分布し、山地の草原や林縁・草刈などがなされた河川堤防などに多く自生しています。
花や葉の色や形・大きさなど、変異種のとても多い種なので地域・環境などにより様々な花を愛でることが出来ます。
《お洒落が大好きで色んなファッションを楽しむ可憐な美女、と云う感じですね。

2009.9.藤井さん「ワレモコウ・吾亦紅」、2 
↑・↓「ワレモコウ・吾亦紅」、
バラ科ワレモコウ属の多年草で花言葉は《愛慕・もの思い・感謝》、秋に楕円形で穂状・暗紅色の
小さな花をつける可憐で上品ですがチョット寂しげな花。
根を乾燥すれば「地楡(チユ)」と云う止血・火傷・湿疹の生薬になり、漢方でも使われます。
《少し寂しげな麗人、何故田舎に引き篭もってるのでしょう。僕には平清盛の寵愛を受けた祇王や仏御前の姿が思い浮かびます》と云う感じです。

2009.9.藤井さん「ワレモコウ・吾亦紅」、1
写真が特にイマイチですいません!
またクローズアップなど良い写真が撮れたら掲載しますので「乞うご期待!」を…


身近な気象予報士・「アマガエル」、座禅中の雲水=雨と雲の連想?哲学者?、出番を待ってる歌舞伎役者にも見えます!

2009.9.豊松「アマガエル」、2
*写真はクリックすると大きくなります!

『ニホンアマガエル・日本雨蛙』、
眼から鼻にかけて歌舞伎の様な隈取りが、
「ヨォッ!雨空屋」・「どうする、どうする」、
大向こうから声が掛かりそうです。


アマガエル科アマガエル属の「ニホンアマガエル」、日本・朝鮮半島・中国東部の広い地域に生息するお馴染みの蛙で、眼から鼻にかけての太い茶色の帯と全ての指先にある大きな丸い吸盤が特徴
乾燥に強い性質と吸盤のお陰で水辺から森林・住宅地・都市部など広い範囲で生息が可能なので、日本で一番よく眼にするポピュラーな蛙かも知れません。

普通の蛙は繁殖期(主に春)の夜に鳴きますが、この蛙は「雨蛙」の名前が示す通り、それ以外にも昼夜を問わず雨の降りそうな時に鳴くの特徴で、鳴き声は
「雨鳴き」・「レインコール」と呼ばれます
また雨が降りそうになると高い所に上がるという性質もあり、物干し竿の上などの高所で見かけると暫くして雨が降り出す事もしばしば、まさに一番身近な気象予報士と云ったところですね。

綺麗で可愛い小さな蛙ですが、体を覆うツルツルした粘液には毒性があります!
普通に触る位では問題無いのですが、触った手を口に入れたり眼や傷口などに触ると激しい痛みを起こしたり、失明してしまう場合があるので注意が必要です。
特に子供などには十分気を配り、触った後は必ず手を洗うようにして下さい!。

閑話休題
妖しい魅力が大好きな「蜘蛛」や「蛾」の写真を撮っていると良く近所に潜んでいる「雨蛙」。
愛嬌タップリの可愛い風貌に似合わず、夜間街灯などの光に集った蛾や蝶などをガバッと大きな口を開け・ガブッと咥えて一気に捕食する肉食性の蛙です。

この日出会った昼間の「雨蛙」は、何やら《思索に耽る哲学者》か《悟りを求め座禅修行中の雲水》の様な雰囲気でじっと何かを見詰めていました。
《隈取りをして出番を待つ歌舞伎役者》にも見えますね。



「韮の花、受粉に大忙しのカナブン(コガネムシ)」、粉まみれです!、「韮」と「カナブン」の話題。

「韮・ニラの花」、1
『ニラ・韮の花』、可憐です!
食材にもなる、あの『ニラ』です。


『ニラ・韮』はユリ科ネギ属の多年草で独特の香りが特徴的な中国西部原産の緑黄色野菜花言葉は《多幸・星への願い》=あの強烈な匂いからは想像できないほどロマンティックな花言葉ですね!
古事記には「加美良(カミラ)」・万葉集には「久々美良(ククミラ)」とある、日本人に千数百年もの間《食材として・薬種として・愛でる花として》親しまれ続けている植物《万葉植物》の一つです。

野菜としての「ニラ」は、春から秋にかけて1株で10回ほども収穫が出来、生でも炒めても・鍋などに入れてもとても美味しく、食欲増進や滋養強壮に効果的!
でも「ニンニク・大蒜」と同じ成分の硫化アリルなど硫黄化合物
が発する独特な香りは強烈なので、思いを寄せる異性(この頃では同性の場合も…)に逢う前などは控えた方が無難でしょうね。
我が家【御宿御料理・響庵大正館】では、鍋物やお味噌汁・饂飩などの薬味として
アクセントに使うほか「韮味噌」・「韮の卵とじ」・「韮饅頭」など色んな料理に使い喜ばれています。

薬種・生薬としての「ニラ」は、種子=「韮子(キュウシ)」が腰痛・遺精・頻尿の薬に、葉=「韮白(キュウハク)」が強精・強壮の薬になります。
注:僕も一応男ですので、何だか頼もしい感じがして一層親しみが増してきました。


*写真はクリックすると大きくなります!
「韮・ニラの花」、2

そんな有益で美味しい「韮の花」を何時ものぶらぶら散歩の途中に少し近づいて眺めてみると、可憐な白い花の上で花粉まみれになりながら、「食事と受粉」に一生懸命二匹の可愛いカナブンが!
ユーモラスな姿が堪らなく愛おしいので、カシャカシャ写真に撮ってみたのでご覧下さい。

「韮・ニラの花」、「コガネムシ、カナブン」、1
↓・↑「花粉まみれでお食事中のカナブン」、
受粉の手伝いをしながら食事の真っ最中。

「韮・ニラの花」、「コガネムシ、カナブン」、2
*写真はクリックすると大きくなります!
「韮・ニラの花」、「コガネムシ、カナブン」、3
↑「体色に光沢が無いので多分カナブン」、


『カナブン』・『コガネムシ』
・『カナブンブン』、テラカワユス!

コウチュウ目コガネムシ科ハナムグリ亜科に属し、北海道以外の日本・朝鮮半島・中国に生息、
山地・低地・市街地などあらゆる場所で普通に見られる可愛い昆虫で、角の無い小型のカブトムシの様です。
が、実は僕には「コガネムシ」・「カナブン」・「ハナムグリ」の区別が良く判りません!
僕的な分類では、艶々したメタリックな光沢のある虫が「コガネムシ」=バブリーな感じなので、それ以外の地味な虫が「カナブン」、僕の子供の頃からの呼び方では「かなぶんぶん」です。
ヘンテコですが何卒ご了承を…ね!

「食事中のアシナガグモ」&「獲物を捕らえたばかりのナガコガネグモ」、綺麗です!

摩訶不思議で奇妙奇天烈な『蜘蛛』、
妖しい美しさは見詰てると虜にされそう!
少々気持ち悪いかも知れませんが…


その存在自体が何とも気になって仕方ない『蜘蛛』、妖しい美しさに魅入られてしまったのでしょうか?
何時ものだらだら散歩で美しいレディーの食事風景に出会ったので失礼して撮影、中々の迫力なので掲載しますね。


*写真はクリックすると大きくなります!
食事中の「アシナガグモ」、3 
↑・↓「ジョロウグモ・女郎蜘蛛(アシナガグモの仲間)」、
捕らえられ身動きできない獲物に大きく長い牙を突きさし、消化液を注入しながら液化した体液を吸い尽くす『女郎蜘蛛』。
『美しい惨劇』と名付けたい様なお食事風景です。
食事中の「アシナガグモ」、2 食事中の「コガネグモ」、
↑・↓「ナガコガネグモ」、
獲物を捕え、糸でぐるぐる巻きにしている真っ最中!
ほんの少しでも触れてしまうと逃れられない蜘蛛の糸は、小さな虫達にとっては「死の罠」です。

「コガネグモ」、

『蜘蛛』や『蛾』などを眺めてると「江戸川乱歩」や「横溝正史」・「山田風太郎」・「半村良」・「高橋克彦」などの伝奇小説や怪奇小説を読みたくなりませんか?
僕は物凄く読みたくなり、書棚や書籍ケースの中から引っ張り出しては返したいています。
夏は暑気払いに秋は夜長のお伴に、伝奇小説や怪奇小説って最高ですよね!

大森林?いえいえ「カイズカイブキの杉葉」、先祖帰りです!

「カイズカイブキの杉葉・先祖返り」、ヒノキ科ネズミサシ属、イブキ(ビャクシン)の変種、2
大森林?いえいえ『カイズカイブキ』、
先祖帰りの「杉葉」が生えています!


大森林を上から撮影したように見えますが、実は公園に植えられた「カイズカイブキ」のアップです。
杉葉が痛々しかったので撮影してみました。

『カイズカイブキ』は、ヒノキ科ネズミサシ属のイブキ(ビャクシン)の変種で雌雄異株、乾燥に強い樹種なので庭木や生垣として公園や学校などに多く植えられています。
成長はどちらかと云うと遅い方で、主に本州・四国・九州の太平洋岸の岩場・崖地に生育する母種のイブキから受け継いだ「鱗片状の葉」が特徴的な美しい樹木です。

乾燥に強く育てやすいのですが、樹形に凝って剪定をし過ぎると写真の様な「杉葉=杉の葉の様な葉」が出て来てしまいます。
これはネズミサシ属の木々によく見られる傷ついた葉や枝を守るための現象で、園芸種に先祖の樹種の特徴が出る云わば「先祖帰り」のようなものです。

何時も見慣れた公園の樹木や草花も、一歩近付いて見詰め直して見てみればとっても楽しいですよ。

*写真はクリックすると大きくなります!
「カイズカイブキの杉葉・先祖返り」、ヒノキ科ネズミサシ属、イブキ(ビャクシン)の変種、1

 

「ガ・蛾」、気持ち悪いんですが妖しさが魅力的!

家の周りで見つけた『ガ・蛾』
気持ち悪いんですが妖しい魅力が…


家の周りで見つけた「ガ」です。
気持ち悪くて嫌いなのですが…、妖しい雰囲気についつい引き込まれて写真を撮ってしまいます。
これも田舎の自然・景色の一部と思ってご覧ください。


*写真はクリックすると大きくなります!
2009.9.豊松「ガ・蛾」、3 
↑・↓「ヤママユガ?」、
20cm程の大きさの大型の「ガ」です。
昔このガの幼虫から「テグス=釣り用の糸」を作った「ヤママユガ」だと思うのですが定かでは…

2009.9.豊松「ガ・蛾」、2 

↓「?」、

2009.9.豊松「ガ・蛾」、1

↓「フクラスズメ?」、
2009.9.『ガ・蛾』、3

《世界の子どもにワクチンを》、「天下一品」の「命を救うストラップ」、素敵です!

《世界の子どもにワクチンを》
~Love for CHILDREN~
天下一品・ストラップ、「LOVE for CHILDREN」、1
「天下一品」の《命を救うストラップ》、
¥300のストラップを1つ買うと
世界の子どもにポリオワクチンが1つ、
 
青春時代を過ごした京都の懐かしい味「天下一品」の『めちゃこってりラーメン』、少々疲れ気味かな?・風邪を引きそうだな!と云う時などに必ず食べに行って心も体も元気になって帰ります。
ほかでは味わえないこってり濃厚なラーメンは、楽しく苦くチョット悲しい僕の若き日の思い出が蘇る一杯、とても美味です。
しかもこのご時世に昔と変わらずゆで卵が無料で食べ放題!
ゆで卵が大好きな僕は【ラーメンが出来るまでにお塩で1つ・ラーメンに入れて1つ・食後の口直しに1つ】ペロリと頂いちゃいます。

その「天下一品」福山光南店で見つけたのがこのストラップ。
《可愛いストラップを1つ買うと世界の子供1人にポリオワクチンを1つプレゼントする》仕組み、「素敵なアイデア・素晴らしい事だな!」と賛同して迷わず2つ購入しました。
僕は取るに足らない小さな人間(体は大きいんですが…)、何時も多くの人々や大自然の温かさに助けられて生かして頂いています。
小さな事ですがほんの少し恩返しが出来ました。

注①:ポリオ~
ポリオウイルスによる感染症で、ウイルスは感染力が非常に強く・経口感染して腸内で増殖して発病、発病すると高い確率で死亡あるいは運動神経麻痺(四肢麻痺)などの後遺症が残る大変恐ろしい病気。

注②:寄付先~
「世界の子どもにワクチンを日本委員会」
http://www.jcv-ip.org/index.php


*写真はクリックすると大きくなります!
天下一品・ストラップ、「LOVE for CHILDREN」、2

 

マクセル製、「iPod用アクティヴ・スピーカー」、ベッドサイド用に購入、良い音で大満足!

IMG_6621.jpg
maxell製iPod用アクティヴ・スピーカー』、
ベッドサイド用に購入、良い音で大満足!

先日、何年も使っていた安~いアクティヴ・スピーカーシステム(左右2つのスピーカーがコードで繋がり、ピンジャックでiPodなどと接続して使用するアンプ内蔵型汎用タイプ)が突然壊れてしまいました。
どうやらピンジャックの根元部分が断線したらしく、片方のスピーカーからしか音が出ない状態で、修理するより買った方がはるかに安いのでマクセルの「iPod用アクティブ・スピーカー」を買いました。
勿論《赤札バーゲン品》30%Offです。

このスピーカー・システムはiPodをダイレクトに差し込んで
付属のリモコンでコントロールが出来、電源Offの状態でもiPodの充電が出来ると云う優れ物!
想像以上に音の広がりやバランスが良いシステムで、1時間のスリープタイマーまで付いてるのでベッドサイドの音楽環境が格段に良くなりました。

僕は静か過ぎると中々寝付けないので、何時もiPodで音楽や落語などを聴きながら休みます。
スリープタイマーって最高ですね!

*写真はクリックすると大きくなります!
IMG_6624.jpg

「散歩の途中で出会った美女たち、2009・秋」蔓性植物編、「ヘクソカズラ」・「フウセンカズラ」+「ヤマノイモ・自然薯」、

『季節の花々』2009・秋、乱写vol.2、
「散歩途中に出会った美女達」蔓性植物編、


何時もの「カメラ片手のぶらぶら散歩」で出会った美女たちを紹介します、今日は蔓性植物編です。
注:美女と云っても勿論、可憐な花たちの事!
僕の住む町は過疎化が進む田舎の寂しい町なので、何とか存続している県立高校の登下校時以外は小一時間散歩をしても殆ど人に出会わないんですよね、まして妙麗なご婦人となると…

閑話休題~
今日は最近出会った蔓性植物を集めてみました。
下手な写真ですが先日掲載の「ボタンヅル」・「アサガオ」、少し前に掲載した「蔦・葛」などと共に田舎の自然をお楽しみください。
何が何でも絡みつくような美女たち、如何でしょうか?


*写真はクリックするとおおきくなります!
「ヘクソカズラ」、1 
↑・↓「ヘクソカズラ・屁屎葛」、
アカネ科ヘクソカズラ属の多年草で花言葉は《人嫌い》、葉や茎に悪臭があるのでこんな酷い名が付けられて居ますが、7月~9月にかけて咲く花は白い花弁と赤い中心部がとても綺麗なんですよ。
万葉集にも「クソカズラ・糞葛・
屎葛」の呼び名で登場するので、千年以上日本人に臭がられて居る花です。
《化粧っ気がありすぎて香水をつけ過ぎてる派手好みの女性》って云う感じでしょうか?

「ヘクソカズラ」、2 「ヘクソカズラ」、3

↓「フウセンカズラ・風船葛」、
ムクロジ科フウセンカズラ属の一年生蔓性植物で花言葉は《永遠に貴方と共に・貴方と飛び立ちたい・多忙》
花を愛でるのではなく独特の可愛い風船状の果実を観賞するため栽培され、青々とよく茂って涼しげな夏を演出してくれ、その後に可愛い風船を楽しめます。
茶色く枯れた果実には小さな茶色の種が出来るのですが、これがまた物凄く可愛い!
何と種に小さな白いハートのマークが描かれていて「テラカワユス」なのです!
《ちょっとポッチャリ型の
少々幼く見える純で夢見がちな可愛い女性》と云った感じです。
注:正確には花ではないのですが、僕には花と思えるので花として紹介しました。
フウセンカズラ
*写真はクリックすると大きくなります!「自然薯・山芋・ヤマイモ」、「花」、1
↑・↓「ヤマノイモ・自然薯」、
ヤマノイモ科ヤマノイモ属の
多年草蔓性植物。
本州・四国・九州および朝鮮半島~中国に分布する雌雄異体の植物で、花の垂れ下がるのが雌株・花の立ち上がるのが雄株(フムフム成程)です。
花言葉は《治療・芯の強さ・恋のため息・悲しい思い出》等で何となく判る気がします。
この根(担根体)が所謂「ジネンジョ・自然薯」と呼ばれる高級食材で、トロロにして良く・
薯蕷饅頭などの和菓子にして良しの最高の山の幸・美味しさです。
「サンヤク・山薬」と呼ばれれば滋養強壮・強精の代表的な生薬・漢方薬になります
また果実は「ムカゴ・
零余子」と呼ばれる珍味で、サッと乾煎りして塩をふったり、お米と炊いて「むかごご飯」にしたり、甘辛い串焼きにしたりして頂きますと物凄く野趣溢れた美味しさなんですよ!
《優しさと厳しさを兼ね備えた経験豊かな看護師さん、傍に居てくれるだけで安心できるしっかり美人》と云う感じです。
「自然薯・山芋・ヤマイモ」、「花」、3

 

 | HOME |  »

AquariumClock 2

今日の妄言、明日の迷言。

自己紹介

殿さまうさぎ

Author:殿さまうさぎ
甘口・辛口、種種雑多な話題や写真を発信したいと思います。よろしくお願い致します!。
田舎で小さな旅籠とアフラックの保険代理店をしています。

御宿御料理響庵大正館 主人
広島県神石郡神石高原町油木
https://twitter.com/settings/profile

ご来店数

現在のお客様

現在の閲覧者数:

気ままにパシャッ!!

WEBコンサルティング・ホームページ制作

大正館の名物料理、自然・風景、花など

お便りポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

お手紙待っています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達になりませんか?

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

携帯で読み込んでね。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

一緒に始めましょう!

無料blog FC2PIYO  ホームページ サーバー・ホスティング フォーム カウンター 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。