御宿御料理 大正館 『Coffee Break 珈琲の香りに抱かれて、愉しいおしゃべりでちょっとひと息!』

 身の回りの出来事や季節のうつろい、食べたい物や食べた物、 大好きな本や音楽・映画など… 色んな話題をつまみつつ、さあ!香り豊かな珈琲を召し上がれ!時にはググッと苦いかもね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の夜店の飲み物は何と云っても『ラムネ』ですね。シュワシュワッと美味!

サンガリア「ラムネ、日本の味」、
*写真はクリックすると大きくなります!
サンガリア『ラムネ』、
夏の夜店の飲み物と云えば何と云ってもこれで決まり!シュワシュワッと美味!
瓶の形も堪らなくセクシーです。


僕の夏の飲み物と云えば~
甘くない部門なら「麦茶」に「ウーロン茶」と「アイス・ブラック珈琲」。
甘い部門なら「カルピス」に「ラムネ」と「サイダー」と「コーラ」です。

その中で『ラムネ』は「夏の夜店の飲み物キング」です。
氷水の舟の中で冷え冷えに行儀良く並んだ透明な瓶の『ラムネ』、取り上げて水気を拭き取っても厚めのガラス瓶が芯まで冷えていて、じきに冷たい雫で覆われ飲み終わるまで冷ややかでグー!。
飲むごとに中を転がるビー玉の音も涼しさの素敵な演出ですね。
眺めても手にしても音を聞いても、勿論口にしても涼味満点な『ラムネ』最高の夏の風物詩です。

一時期ガラス製の瓶が無くなりプラスティック製の瓶が増えましたが、この頃は昔懐かしの『ガラス瓶ラムネ』が復活・復権し、昭和世代にはとっても嬉しい限りです。
ラムネ瓶の中のビー玉、不思議な栓の仕方です。
子供の頃は不思議でたまりませんでした(今でも不思議ですが・・・)、
ビー玉を取り出してみたかったな!
スポンサーサイト

「土用の丑の日」、酷暑を乗り切る切り札に…、ただし鰻は受難!南無阿弥陀仏。&地元の道の駅「油木百菜館」、

油木百菜館「百菜館祭り、2009.7.19」、土用の丑の日、4「脱走」
「土用の丑の日」、鰻受難の日!
食われてなるかと果敢に脱走を
試みるも敢え無く失敗!「鰻さん、有難う!無駄にせず夏を乗り切るエネルギーに致します。南無鰻ニョロリン菩薩、頓証菩提・ナマンダブ・ナマンダブ・ナマンダブ…」

↑・↓土用の丑の日のスナップです。
子供たちに掴み取りされて困惑気味の1尾の鰻、果敢に脱走を試みますが・・・
残念無念!敢え無く元の水槽へ、その後夏バテ予防の妙薬に早代わりしていました。
見ていてちょっぴり残酷で可愛そうで申し訳なく思いました。

人間は他者の命を奪い糧として頂いて生きています。
植物にも動物にも食べ物全てに感謝し無駄なく頂かねばならない!と実感。
これもエコです!
「頂きます」&「ご馳走様」、この2つの言葉って素晴らしい言葉です。
感謝や思いやりの溢れた美しい日本語、食事の時は勿論食べ物を頂くときは必ず手を合わせて口にしたいと思います!

僕はここの鰻ではなく、チョイと贅沢して四万十川産の養殖鰻を夏を乗り切る為の薬食いに美味しく頂きました。鰻には申し訳なかったのですが、供養と思って無駄なく美味しく感謝しながら頂きました「鰻さん、ご馳走様」。

*写真はクリックすると大きくなります!
油木百菜館「百菜館祭り、2009.7.19」、土用の丑の日、3

油木百菜館「百菜館祭り、2009.7.19」、土用の丑の日、2
↑・↓我が家『御宿御料理・響庵大正館』のすぐ近所にある地元農産物・産品市場「道の駅・油木百菜館」、
年中無休・
取れたて新鮮野菜やお花等が市価より安く売られています。
毎月第3日曜日はイベントなどがあり特に賑わうんですよ!
油木百菜館「百菜館祭り、2009.7.19」、土用の丑の日、1

散歩の途中で、「ノウゼンカズラ」&「ホタルブクロ」、

「ノウゼンカズラ」
散歩の途中で見掛けた花々。
↑『ノウゼンカズラ』&
↓『ホタルブクロ』、


散歩しててふと目に付いた花たちです。

「ノウゼンカズラ」は電柱(田舎にある昔ながらのNTT固定電話用の木製電柱)に絡み付いて沢山の花を咲かせていました。
この頃あちこちでよく見掛ける華やかで南国を連想させる花ですが、元は中国原産の花で藤と同じ位蔓の丈夫な植物です。
暑さ寒さに強いので一度植えると毎年楽しめます。

「ホタルブクロ」は桔梗科の植物で、いろんな色や大きさの物がありチョイと幻想的な花で、自生の野生種と品種改良された園芸種がありますが、どちらも儚げで穏やかな風情が何ともいず素敵です。
子供の頃、母に「あのお花は夜きれいに光ってた蛍さんたちが、朝入ってオネンネするお宿なんよ」と教えられた思い出があります。
また、釣鐘状の花を手のひらに置いて勢い良く上からたたくと「ポーン!」と大きな良い音がするのが面白く、夏休みのラジオ体操の行き帰りに幼馴染とよく叩いて遊んだ記憶もあります。

「ホタルブクロ」は以前にもアップしてますからブログ内検索してみてくださいね。
*写真はクリックすると大きくなります!
「ホタルブクロ」、桔梗科の多年草

     続きが⇒

続きを読む »

【僕の愛する品々】シリーズ第5回、「BINDEX・A5、システム手帳」、

【僕の愛する品々】シリーズ第5回、
『BINDEX・バインデックスA5、システム手帳』、
何でも知ってる有能な十数年来の第一秘書。


僕の愛用のシステム手帳『BINDEX・A5』です。

今でこそ個人的な事や仕事の情報管理・資料管理など多岐に亘ってコンピューターが大活躍・コンピューター任せ状態ですが、20年以前は今のようにコンピューターが安価でなく、尚且つ僕の様な機械オンチが簡単にコンピューターを操れる便利なソフト《ウインドウズなど》も無かったので手帳がとても大切な存在でした。

その頃に出会った「システム手帳」、情報管理から日記・予定計画表・住所録・備忘録・メモ・会議記録など身の回りの全ての事に対応でき、自分好みの自分に最適な手帳を作る事が出来てリフィルを交換すれば何年も続けて使用可能!
驚きと興奮を覚えて即購入し、今でも大変便利に使用中!「システム手帳」は僕の頼もしい無くてはならない秘書的存在です。

この手帳を使い始めるまでは『BINDEX・バイブル、システム手帳』を使ってましたが、僕の取り敢えず何でも書いておくと兎に角安心と云う性格から、このサイズ・容量のシステム手帳に落ち着き今もこのサイズで大満足です。

携帯するには少し大きくて重いので自宅の書斎机内で管理をし、出先で使ったメモ帳やメモパッド・PC端末・携帯電話などの情報を精査し記録したり日記・予定計画表・住所録元帳などとして使っています。

時代は何から何までデジタル化してきていますが、僕などの世代はアナログな部分と完全に決別出来ないんですよね!
多分死ぬまで使い続けるんだと思います。

この手帳は、僕の人生の公私に亘り半分以上を熟知して最善のサポートをしてくれる
記憶力抜群で有能、落ち着きがあり時に母性まで感じちゃうような美人の第一秘書》と云う感じです。

*写真はクリックすると大きくなります!
「バインデックスA5・BINDEX」、十年来愛用のシステム手帳、1
↑・↓「BINDEX・バインデックスA5、システム手帳」
↑シンプルで飽きの来ないデザイン、上質な牛革製で傷にも強く使い続けるごとに何とも言えない良い風合いになります。

↓表紙を開いたところ、
「バインデックスA5・BINDEX」、十年来愛用のシステム手帳、2、「アシュフォード・ASHFORD、月間ダイアリー1」
*写真はクリックすると大きくなります!
「バインデックスA5・BINDEX」、十年来愛用のシステム手帳、3、「アシュフォード・ASHFORD、月間ダイアリー2」
↑便利な「Ashford・アシュフォードの月間ダイアリー」
これはアシュフォードの商品、見開き上~下で1ヶ月。
大安・仏滅などの七曜暦付き、これって日本で生活するなら絶対に必要ですよね!

↓「BINDEX・バインデックスの集計用紙」、
僕には一番使い易い書式・罫のノートで、日記&備忘録&雑記…などなど
色んな事に使用!
「バインデックスA5・BINDEX」、十年来愛用のシステム手帳、4、「バインデックス・BINDEX、集計用紙」、便利に最も活用、
↓「Ashford・アシュフォードのA5レポートパッド」、
しっかりしたつくりで紙の厚さも最適です!

「バインデックスA5・BINDEX」、十年来愛用のシステム手帳、5、「アシュフォード・ASHFORD、A5レポート・パッド」

【僕の愛する品々】番外編、「WENGER、スイス・アーミーナイフ」、長い間携帯して大変便利に使ってましたが…

【僕の愛する品々】番外編、
「WENGER、スイス・アーミーナイフ」、1
WENGER社製「スイス・アーミーナイフ」、
長い間携帯して便利に使ってましたが…
銃刀法違反になるのでもう持ち歩けません!


僕の愛用の雑用ナイフです。
僕は散歩の時等に腰に付け、知り合いの農家のお父さんやお母さん頂いた果物や野菜を剥いで食べたり、持ち主に「切って帰って良いよ」と云われた活花用の花木を頂くのに使ったり、山菜を摘み取ったりとチョコチョコ便利に使っていたのですが…
な・な・何と!このナイフを携帯するのは銃刀法に抵触!つまり、持ってるだけで《犯罪者⇒逮捕⇒起訴⇒裁判⇒有罪⇒刑務所【網走番外地】⇒前科者》と云う事になっちゃうかも?!と云う事なのです。

このナイフは刃渡り65mm、刃渡り60mm以上の刃物は凶器となる可能性大で銃刀法の規定の範囲になるそうで、持ち歩くには明確な理由が必要との事!
しかし考えてみて下さい、田舎に暮らしてると軽トラの荷台に大きな包丁や鎌・鉈・鉞・鋸などなど、果ては燃料で動く草刈機(いわゆる刈払い機)やチェーンソーまで無防備に誰でも盗んだり使えるよう置きっ放してあるのをよく見掛けるんですが…
そんな品々に比べると、僕の手のひらサイズのナイフなんて全く屁の突っ張りにもならないような物で、凶器になりそうも無いのに何で規制になるんでしょうか?

田舎暮らしはと~っても不便だけど自然だけは豊かで、家からすぐの場所に自然があります。
日常の生活圏でのごく普通の生活や
散歩・草摘み・写真撮影の時などに、マムシ等の毒性動物に出会ってしまう事があります《マムシだってムカデだってスズメバチだって貴重な自然の一部・生態系の一部です》。
そんな時の為にも、散歩時のミニナイフ携帯は必要だし認めても良いと思うのですが…

今日は仕事疲れと睡眠不足とで何だか変てこりんな取り留めの無い話題でした。
お後が宜しい様で・・・・・では、寝増す!
「WENGER、スイス・アーミーナイフ」、2
*写真はクリックすると大きくなります!
「WENGER、スイス・アーミーナイフ」、3

【僕の愛する品々】シリーズ第4回、「扇子」通年使っている必需品です。

【僕の愛する品々】シリーズ第4回、
『扇子』暑がりで汗っかきの僕には必需品!
挨拶のときなどにも欠かせません!


一年中「扇子」を持ち歩くのは我が家の伝統のようです。
祖父も父も、扇子を鞄の中に一年中入れていて使っていましたし勿論僕も使っています。
《お茶事用の小さな扇子の場合もありますが、代々必ず持って行動しています》

「扇子」って日本を代表する生活雑器でもあり芸術品でもありとっても便利ですよね!
風を起こして涼を取るのは勿論、チョイと陽を避けるのに陰をこしらえたり、あくびや大笑いのときに口元を隠したり、手の届かない背中の真ん中が痒い時などに大活躍です!
また、改まった席などで挨拶したりお茶事やお食事の席には無くてはならない小道具の一つです。
《紳士淑女たるべき者、必ず携帯したい物の一つです》

今日は僕の普段愛用の「扇子たち」を紹介します。
高価なものではありませんが、それぞれに色々な思い出や思い入れがあり、大切な相棒です。

*写真はクリックすると大きくなります!

「関西メトロ・マップ扇子」、十数年来愛用の扇子、七月・八月以外に愛用、1
↑・↓「京都・大阪・神戸、関西メトロマップ扇子」
7月・8月以外に使用している扇子です。
京都・大阪・神戸、三都の地下鉄・私鉄・JR線などの路線図が描かれています。
もう十数年使ってるので多少路線図が不十分かもしれませんが、京都に生活していた頃からの親友で、田舎者の都会生活をよく助けてくれました。
亡き父とお揃いで使った懐かしい扇子です。
「関西メトロ・マップ扇子」、十数年来愛用の扇子、七月・八月以外に愛用、2
「関西メトロ・マップ扇子」、十数年来愛用の扇子、七月・八月以外に愛用、3
「関西メトロ・マップ扇子」、十数年来愛用の扇子、七月・八月以外に愛用、4
「関西メトロ・マップ扇子」、十数年来愛用の扇子、七月・八月以外に愛用、5
*写真はクリックすると大きくなります!
「京都五山送り火・大文字焼き」、十数年来愛用の扇子、祇園祭後=八月一杯愛用、1
↑・↓「京都五山・送り火、大文字焼きの扇子」、
京に住んでいた頃から8月限定で使用している扇子で、五山の送り火「大文字焼きの絵」が何とも豪快で綺麗です。
ジリジリ油照りする京都の夏、何をするにも扇子が無くっちゃ始まりません!
この扇子を見てると亡き両親や友や知人の菩提を願いつつ、「さてもう一月半、何とか元気に酷暑意・残暑を乗り越えるぞ!」と思うんですよ。

「京都五山送り火・大文字焼き」、十数年来愛用の扇子、祇園祭後=八月一杯愛用、2

「祇園祭、月鉾巡行」、十数年来愛用の扇子、七月一杯・祇園祭の間愛用、1
↑・↓「京都祇園祭・月鉾巡航の扇子」、
これも京都時代からの愛用品で7月限定で使用している思い出一杯の扇子です。
甘く切ない夏の思い出が詰まった扇子ですが今年で引退させてやり、来年からは今年求めた「函谷鉾の扇子」にしようと思っています。
青春時代の夏って何故だか絶対に「甘くて・切なくって・熱くて・悲しくって・忘れられない」ものなんですよね。

「祇園祭、月鉾巡行」、十数年来愛用の扇子、七月一杯・祇園祭の間愛用、2

↓「愛用の扇子袋」、
鞄の中に携帯するときの必需品です。
柔らかな色合いがお気に入りの縮緬製です。

「愛用の扇子袋」

PIKO「乾電池式・携帯扇風機」&ナショナル「乾電池式・卓上扇風機」、大活躍&大助かりです!

PIKO「ハワイアン・ロングボード・ウエア」のハンディー扇風機、1
PIKO、ハワイアン・ロングボード・ウエア~
『乾電池式・携帯扇風機』、大活躍中!

梅雨も明けないまま蒸し蒸し暑い日が続いています。
地球温暖化のせいでしょうか、各地で豪雨や竜巻が起きて大きな被害が出ています。
被災された皆さん、大変でしょうが気を落とさずに頑張ってください。

さて、夏に大活躍の「携帯扇風機」です。
蓋の部分を取って反対側から被せるとスィッチオン!
折り畳まれていたビニール製の2枚羽が勢い良く回って涼しい風が…
大きめのモーター音が少々気になりますが、手を動かすことなく心地よい風が火照った顔などに吹き付ける気持ち良さは何とも云えません。
一年中扇子を持ち歩き、のべつ「暑い暑い!」とパタパタやっている僕には大変便利で大助かりのグッズです。
《通年持ち歩く扇子は涼を取るだけでなく、改まった席での挨拶などに使います。「紳士の礼法」ってやつです》

と、なんだかんだ云ってますが・・・
僕はいい歳をした中年メタボ親父(オヤジと云っても、妻も子供も居ない華の独身貴族です)なのですが、精神面に子供っぽさが残りすぎてるみたいで、とにかく【面白グッズ】が大好きなのです!
大人にならないと駄目なのでしょうか?

*写真はクリックすると大きくなります!
PIKO「ハワイアン・ロングボード・ウエア」のハンディー扇風機、2
↑・↓薄い小さなペラッペラの羽根ですが、いい仕事をしてくれます。当たるとチョット痛いんですよ!
PIKO「ハワイアン・ロングボード・ウエア」のハンディー扇風機、3


   続く⇒

続きを読む »

エースコック「スーパーカップ・沖縄そば」、雰囲気良く出来てて美味!

エースコップ「スーパーカップ・沖縄そば」
*写真はクリックすると大きくなります!
エースコック『スーパーカップ・沖縄そば』、
沖縄そばの雰囲気を良く再現!
本物より食べやすくて美味。

現地で頂く本物の(?)「沖縄そば」より食べやすくて美味しい気がします。
本物って僕には少し塩っ辛過ぎたり油っ濃過ぎたりしちゃうんですよね。

僕は品数一杯のお客様のお食事を毎日・朝晩調えている忙しい日のお昼ご飯には、簡単で朝晩のメニューとかけ離れた安くて簡単で決して体に良さそうじゃない様な物が《インスタント麺会社の皆さん御免なさい、決して悪口じゃありません、製造技術・価格設定などの企業努力や味の探求・健康への配慮などの努力は十分わかってますよ。僕はカップ麺&インスタント食品大好きですからね!》食べたくなります。

お客様の食事の仕度をしてると、味見したり余分に作った部分を頂くのでついつい簡単に出来て後始末も簡単な物が嬉しいですしね。

エースコックの「スーパーカップ・シリーズ」、少し大盛りなので育ち盛りならぬ随分育ってしまった僕には丁度満足の量です。
これからも《ご当地ラーメン》が登場したら必ず食べてみる積りです。

白元『假屋崎省吾の香りのフラワーアレンジメント、クリスタルローズの香り』、これ「あると思います!」

白元「假屋崎省吾の香りのフラワーアレンジメント」クリスタルローズの香り、1
白元『假屋崎省吾の香りのフラワーアレンジメント、クリスタルローズの香り』、「これ、あると思います!」

マックスバリュー(イオン)の特価ワゴンに山積みになって売られてました。
今丁度、長梅雨の真っ最中・連日驚くほどの豪雨が続いて窓も開けられず家中が何だかカビ臭くなったように感じてた時だったので、物凄い安さと見た目の面白さ【こりゃブログネタに…】に惹かれて迷わず買って使ってみちゃいました!

使用法は、付属の金魚鉢みたいなガラスの器に香りのゼリー《色違いのイクラみたいな物、蛙の卵みたいとの感想も…》を入れ、その上に穴の開いた透明な蓋をして造花を挿すと云う物です。
造花は花と蔦?のような物の2種類。
それこそ假屋崎省吾になった気分の「オネエ言葉と気持ち悪い仕草」で生けると良いのでしょうか?
あぁ~っやだやだ!ほんとにやだ!!

しかし香りは、思ってたのと違ってとても上品・割りと控えめで、外の雨が傘や靴と共に入って来て嫌~な臭いが溜まって蒸し蒸しの玄関や廊下を良い香りの場所にしてくれてます。

天津木村風に「これ、あると思います!」と云って良い香りの面白商品だと思います!

それにして日本中が全く異常気象です!
雨が殆ど降らず水瓶のダムが貯水率ほぼ0%になったカラカラの空梅雨が先ずあり、一転豪雨に次ぐ豪雨で連日雨が降り続き、各地で豪雨災害が多発する毎日。
一体日本の気候は・自然はどうなってるのでしょうか?
自然は先行き不明・不安と不審・怒りと脱力感の渦巻く日本の政治と連動して、日本を麗しき我が母国を破壊しようとしてるのでしょうか?

今すぐ、本気で真剣に危機感・使命感を持って《地球温暖化の阻止と自然の回復、CO2削減》について考え・行動しないと人間の文明・世界など無くなってしまいます。

《未来のために今自分が出来ることを、今すぐたった今から積極的に始めましょう!》

*写真はクリックすると大きくなります!

白元「假屋崎省吾の香りのフラワーアレンジメント」クリスタルローズの香り、2
白元「假屋崎省吾の香りのフラワーアレンジメント」クリスタルローズの香り、3

BUFFALO・バァッファロー「マルチメディア・スピーカー」、ベッドサイドのiPod用です。

バァッファロー「マルチメディア・スピーカー」
*写真はクリックすると大きくなります!

バァッファロー『マルチメディア・スピーカー』、
ベッドサイドのiPod用スピーカーです。

僕は夜、2台のiPod-nanoとミニスピーカー・システムを使って小さめの静かな音で大好きな音楽や落語を聞きながら眠りにつきます。

因みに、この頃のお気に入りは~
音楽は「大野雄二作品集(ジャジーな作風・「ルパン3世のテーマ」などのサントラも多い)」や「尾崎亜美作品集」・「ラヴェル、ピアノ曲集」・「ドビュッシー・ピアノ作品集」など、
落語は「十代目・桂文治」・「十代目・柳家小三治」・「桂米朝」・「桂枝雀」…各師匠方の好演・熱演など、
ニコニコしながら何時の間にか熟睡・爆睡です。

ところが、先日突然に愛用のミニスピーカー・システムのジャック部分が壊れてしまい、鬱々と楽しめぬ就寝時を過ごしていました。
そこでとりあえずデスクトップPCで使用してるのと同じマルチメディア・スピーカーを買って来て使っています。
物凄く安いし、軽くて安っぽいので大丈夫かな?と思いながらでしたが、案に相違して中々優秀!
今では数日の鬱々もどこえやら、毎晩楽しくニコニコしながら熟睡・爆睡しています。

    部分にはチョイと秘密があるのかな?

【僕の愛する品々】シリーズ第3回、「クラフツマン、イタリアン・オイルドレザー・メモパッド」&「マルマン、ニーシモネ・TO-DOメモ」、

【僕の愛する品々】シリーズ第3回、
メモパッド&メモ帳、最近記憶力が…です、


僕の愛用のメモパッド&メモ帳、いつも身近に居てくれる優秀な秘書的存在、ほんと頼りになります(^O^)/。 

何にでも興味津津!文系・理系も関係なし!雑学も大好きな僕は何でも見境なくメモをします。
年をとる毎に記憶力は衰え物忘れもひどくなりつつある現在、日々の生活に使いやすくて便利なメモは絶対に欠かせない物・力強い味方です(若い頃は何でも直に覚えれたのに…)。

僕のメモたちは、書き込みやすく保存する時はちゃんと綺麗に切り取れ、項目分けや作図もし易い優秀な秘書たちで、もう何年も同じ物を買い換え・リフレッシュしながら使っています。

モバイルPCや携帯電話の機能も便利ですが、簡単で便利で時と場所を気にせず出来るメモとは絶対に別れられませんね。 

*写真はクリックすると大きくなります!
SLIP‐ON、クラフツマン・シリーズ「イタリアン・オイルドレザー、メモ・パッド(フランス製・RHODIA、)」&伸びるコンパクト・ボールペン、1
↑・↓「クラフツマン、イタリアン・オイルドレザーのメモパッド」&伸縮式のボールペン。
いつもショルダーバッグの中に居て僕をサポートしてくれる優秀な秘書。
厚めでがっしりした作りのパッドで使えば使うほどに手に良く馴染み、落ち着いた色合いがお気に入りで表面の傷までが思い出になっています。

SLIP‐ON、クラフツマン・シリーズ「イタリアン・オイルドレザー、メモ・パッド(フランス製・RHODIA、)」&伸びるコンパクト・ボールペン、2
SLIP‐ON、クラフツマン・シリーズ「イタリアン・オイルドレザー、メモ・パッド(フランス製・RHODIA、)」&伸びるコンパクト・ボールペン、6
↑・↓使い切りのメモ部分、フランス製「RHODIA」、
方眼升目タイプで上部には切り取り線がありとっても便利。
紙はメモスタンドに挟んで立てたりするのに丁度良い厚さで書き心地も大変良く、メモやフリーハンドの作図などに大活躍です。

このメモパッドは、仏蘭西・伊太利亜混血でチョイ太めの陽気で明るく元気な地中海系美人秘書って感じです。

SLIP‐ON、クラフツマン・シリーズ「イタリアン・オイルドレザー、メモ・パッド(フランス製・RHODIA、)」&伸びるコンパクト・ボールペン、7
*写真はクリックすると大きくなります!
マルマン「ニーシモネ・Mnemosyne TO-DO、メモ」、1、ギリシャ神話の学問や芸術の9人の女神(ミューズ)の母ニーシモネは「記憶の女神」、1
↑・↓「マルマン、ニーシモネ・TO-DOメモ」
チェック欄の付いたTO-DO管理に最適のメモ帳。
ギリシャ神話に登場する学問や芸術の9人の女神・ミューズたち、彼女たちの母で記憶の女神と云われるニーシモネの名前を頂いたTO‐DOメモ帳、行動予定のチェックに規範の確認などに使っています。
項目毎にTO‐DO確認用のチェック欄があり、切り取り線もあるのでとっても便利、薄くて縦長のフォルムは上着の内ポケットにもズボンのポケットにもジャストサイズです。

このメモ帳は、真面目で几帳面・スリムな長身に眼鏡がキラリ!しっかり者の日本人美人秘書と云った感じです。
マルマン「ニーシモネ・Mnemosyne TO-DO、メモ」、1、ギリシャ神話の学問や芸術の9人の女神(ミューズ)の母ニーシモネは「記憶の女神」、2

《近日紹介!乞うご期待!》、
僕の事なら何でも知っててくれてる安心の秘書室長・永年お世話になってる肝っ玉母さん的キャリアウーマンとでも云うべき愛用の『A5版・システム手帳」、近日紹介します。
乞うご期待(●^o^●)!

「トランセンド、SDカード・4GB」、「pb1、マイクロSD・1GB、SDアダプター付き」、エレコム「メモリーカードケース2タイプ」、

最近充実!「SDカードとカードケース」、
メモリの充実でデジカメ動画撮影に挑戦!

*写真はクリックすると大きくなります!
トランセンド「SDHCメモリカード・4GB、クラス6」、1000万画素818枚の容量、1 
↑・↓トランセンド「SDカードメモリ・4GB」、
キャノン・IXYデジタル(コンパクトタカメラ)の動画撮影用メモリカードとして使おうと思っています。
約30分位滑らかな動画撮影が出来るようです。
トランセンド「SDHCメモリカード・4GB、クラス6」、1000万画素818枚の容量、2
 

↓pb1「マイクロSDカード・1GB,SDカードアダプター付き」、
こちらは携帯電話の写真&動画撮影用メモリカードとデジカメの写真撮影用メモリカードとして使うつもりです。
SDカードとしてもマイクロSDカードとしても使えて便利そうです。

PQ1「マイクロSDカード、SDアダプター付き・1GB」 

エレコム「メモリーカード・ケース」、SD6枚収納アルミケースタイプ、1 
↑・↓エレコム「メモリーカードケース、SD6枚用」、
アルミと衝撃吸収素材でできたケース。
6枚のSDカードをガッチリ安全に収納、なんか頼もしい感じです。
エレコム「メモリーカード・ケース」、SD6枚収納アルミケースタイプ、2 エレコム「メモリーカード・ケース」、SD6枚収納アルミケースタイプ、3

エレコム「メモリーカード・ケース」、1枚収納ストラップタイプ、1
↑・↓エレコム「メモリカードケース、1枚用」・ストラップタイプ、
SDカード・ミニSDカード・マイクロSDカード対応のケースです。
ハードタイプではないのでコンパクトカメラのケースに10円玉を入れた物を付け、カメラの一脚・自由雲台用クイックシュー着脱用に使います。
エレコム「メモリーカード・ケース」、1枚収納ストラップタイプ、2

   続く⇒

続きを読む »

バッファロー「USB2.0&1.1 マルチカードリーダー/ライター」51メディア対応・ダイレクトスロット、ターボUSB,37.4MB/s、

バッファロー「USB2.0&1.1 マルチカードリーダー/ライター」、51メディア対応・ダイレクトスロット、ターボUSB,37.4MB/s、1 
BUFFALO『USB2.0&1.1,マルチカードリーダー/ライター』51メディア対応・ダイレクトスロット、ターボUSB37.4MB/s、買って来ました(^O^)/。

「マルチカードリーダー・ライター」を買って来ました。
詳しい事はチンプンカンプンなのですが、デジタル一眼のCFカードやコンパクトデジカメのSDカード、携帯電話のマイクロSDカード、USBフラッシュメモリなどなど、色んな記憶メディアの情報管理などが簡単便利により高速に処理できるように購入。
まあとにかく、家電量販店のお兄さんのお勧めです。

この頃は大容量のCFカード・SDカード・USBフラッシュメモリ等が随分安くなったので、何枚も持って写真や動画・各種データやソフトを保存・管理ができるようになりましたね。

僕にも分かりやすく使いやすい商品で最高!
コンピューターって云う魔法の箱で色々な事にチャレンジ中です!

*写真はクリックすると大きくなります!
バッファロー「USB2.0&1.1 マルチカードリーダー/ライター」、51メディア対応・ダイレクトスロット、ターボUSB,37.4MB/s、2

「カルピス・ウォーター」ラミネート・パック入り、凍らして最高!夏の必需品・保冷剤にもなります。

「カルピス・ウォーター」、夏は凍らせて最高!
*写真はクリックすると大きくなります!

『カルピス・ウォーター』、凍らせて最高!
ラミネート・パック入りで保冷剤にもなります。

暑い夏、仕入れや営業・ドライブ時など、凍らせておけばとっても美味しくって便利!
保冷剤代りに持って出て溶け始めたら頂く、仕入れ先で氷を貰えば家を出る時からクーラーボックスはずっと冷え冷え状態に、便利で美味しくって最高!
熱中症予防や応急処置にも凍ったパックがあると有効ですね。

僕は子供の頃から「カルピス」大~い好き!
「フルーツ・カルピス」なども勿論大好きでどちらも我が家の夏の定番、何時も冷蔵庫の中にお澄まし顔で並んでいます。
【以前は瓶入りでしたが、この頃は紙パックになって便利です】
冬にはお湯で作る「ホット・カルピス」を頂くので、《我が家の通年定番飲料》と云うべきでしょうか!。

「カルピス」はスポーツ時にはあっさり味・午睡後のおめざには濃い甘目の味等の様に、自分の好みの・その時に飲みたい濃さの味に出来るのが良いですよね。
原液をかき氷にかけても、少し濃いめの物を製氷皿で凍らせても何とも云えず美味しいんですよ!

余談ですが、「カルピス」のCMに保母さん役で出演中の長澤まさみちゃん、笑顔か明るく優しそうでとっても可愛いなぁ~!
ドラマの中の顔も良いけど、このCMの顔が彼女のピカイチだと思います。
彼女の様な保母さんが居るなら、もう一度幼稚園児に戻りたくなっちゃいますね(^^ゞ。

【僕の愛する品々】筆記用具たち、万年筆&ボールペン&シャープペン、ペンケースなど

【僕の愛する品々】シリーズ第2回、
筆記用具(万年筆・ボールペン・シャープペン、ペンケース)たち、
思い出や想い・ぬくもりや愛情がギッシリ詰まって良い色を出してくれます。


何年も毎日々々使っている愛用の筆記具たち。
彼らは僕の嬉しかった事も悲しかった事も・怒った事も悔やんだ事も・楽しかった事も憾んだ事も、決して明かしてはならず
墓場まで持って行かねばならぬ秘密まで知っています。

若き日、愛しい人に夢中で書いた恋文や、涙を滲ませながら書いた悲しく切ない別れの手紙の内容も、全て彼らの記憶の中にあるのかと思うとチョイと恥ずかしいような照れ臭いような気がします。

僕の人格的成長(一応成長しているつもりなのですが…)と人間的成長と衰えとを見守り・助け・応援し続けて呉れて来た彼らに今更ながら多謝感謝、これからも死ぬまでお世話になります。
見捨てずに何卒宜しくお願いしますね

*写真はクリックすると大きくなります!

「モンブラン」万年筆、1
↑・↓「古いモンブランの万年筆」僕より年上?父の形見です。
父が僕と同じ直腸癌で入院するまで大切に使っていて、病床では使いにくいと僕に手渡しして呉れた万年筆。
決して高価な物ではありませんが、父の僕への信頼の表れと当主・戸主・家長の権限譲り渡しを象徴する物のような気がする僕の大切な大切な宝物の内の一つです。

今ではインクの吸い上げ機構が壊れてしまいましたが、浸けペンとして僕が大切だと思う文書・書類・手紙などの署名用に大切に大切に使っています。
手にすると真面目で生一本で・朗らかで誰にでも優しかった父の温もりが伝わってくる気がします。
悩んだ時・悲しい時・悔しい時・怒った時等々、また人生の転機にぎゅっと握り締めただけで心が穏やかになる不思議な力がある万年筆です。
《明鏡止水の万年筆》とでも名付けようかな?
「モンブラン」万年筆、2

「モンブラン」ボールペン、1
↑・↓「モンブランのボールペン」、スリムなので携帯に便利!
スーツやジャケットの内ポケットや鞄の中のペンホルダーに挿しても嵩張らないのでとっても重宝!インクの擦れも液ダレも少なく信頼して使っています。
ただ、僕にはスリムすぎて長い文章などを書くには…
これも20年以上使ってると思います。

「モンブラン」ボールペン、2
*写真はクリックすると大きくなります!
「クロス」ボールペン、1
↑・↓「クロスのボールペン」、金メッキが剥げてきました!
大学に入った時に自分で買った当時憧れのクロスの定番ボールペン、銀色好きの僕には珍しく金色に輝くペンでしたが段々とくすんだのか?剥げたのか?一応本物の金メッキです。
僕も齢46歳を迎えましたので、このペンは28年ものです。
このペンが恋に愛に・付文などに大活躍を、学業には余り活躍…

「クロス」ボールペン、2

「ティファニー」ボールペン、2
↑・↓「ティファニーのボールペン」、
華奢で優雅なキラキラと輝く綺麗なペン、流石はティファニーです。
艶やかで楽しかったり・悲しくて寂しい多くの色んな思い出が詰まった愛用品。
手に取ると今でも照れ臭い様なほろ苦い様気持ちになっちゃいます。
そう云えば若かりし日に、三越などで光沢のある薄いブルーの包装紙に包まれた小さな箱や袋を沢山買った記憶が…
今は昔、僕の青春のお伽話です。

「ティファニー」ボールペン、1

ペンテル「ローリード」水性ボールペン、1
↑・↓「PILOT ローリート、水性ボールペン」、仰げば尊し!
高校卒業時に恩師に頂いた物、もう28年も愛用しています。
書き味がスムーズな水性ボールペンで、赤インク用・青インク用として使っています。
僕はシステム手帳愛用者で、記入時にインクの色を変えて情報や記録などが判り易い様に書き込みます。
何時も恩師の面影を思い浮かべて、厚恩に感謝しつつ大切便利に使わせて頂いています。
ペンテル「ローリード」水性ボールペン、2
*写真はクリックすると大きくなります!
「ファーバー・カステルFaber-Castell since1761」シャープペン、1
↑・↓「Faber-Castell、シャープペン」、since1761
ご存知、ファーバー‐カステルの回転式シャープペン。
鉛筆と同じ太さ1mmの芯のソフトな書き味が魅力です。
大好きなシェリー酒の古くなった樽を使ったボディーも握りやすく・温かな心地良さが何とも堪らない10年ほど愛用の新顔です。
0.5mmや0.3mmのシャープペンもいいのですがチョイとレトロな太芯のシャープペン、手放せない逸品です。

「ファーバー・カステルFaber-Castell since1761」シャープペン、2

    おまけ⇒





続きを読む »

彩ちゃんのお父さんストラップ

20090725204847
上戸彩ちゃんの筋トレばかりしてストラップを発見!
欲しいのですが僕は永年のDoCoMoユーザーなので(>_<)

【僕の愛する品々】服部セイコー「ドルチェ」&「クロノグラフ」愛用の腕時計、どちらも10年以上・僕の左腕の一部です。

【僕の愛する品々】シリーズ第1回、
SEIKO「ドルチェ」&「クロノグラフ」、
どちらも10年以上愛用の腕時計、
今や左腕の一部分、悲喜交々の青春の思い出と共に今も正確に動き続けています\(^o^)/


僕はセイコーの時計が大好きです。
高校に入学した時・父が入学祝に買ってくれた新しいクォーツ式腕時計も、中学生の時・塾に通うために貰った父のお古の自動巻式腕時計も、小学生の時・広島で開催された「鉄道博」で自分の小遣いで買った旧国鉄の手巻き式懐中時計も、何故だか全部・服部セイコーの時計です。

そして社会人になり、自分で買って現在も愛用の腕時計が下の2種類。
勿論どちらもSEIKOの腕時計なので僕の左腕には、腕時計をはめる様になってから殆どず~っと《SEIKO》の文字があります。
【青春時代の歌姫・松田聖子ちゃんは好きですが、それが原因でSEIKOの時計を買い続けるのではありませんよ(^_^;)】

シチズンのアナログやカシオのデジタル腕時計も一時使いましたが、僕はやはりSEIKOの腕時計が好きなんでしょうね、一番落ち着きます。

*写真はクリックすると大きくなります!
服部セイコー「ドルチェ」、2
↑・↓SEIKO「DOLCE・ドルチェ」、
色んな思いや思い出のある時計で、十五年以上前の京都時代に思い切って百貨店で買いました。
実は「エクセリーヌ」とペアで買ったのですが、今日はこの辺まで…
ドルチェの中でも珍しいデザインの時計で、薄くて腕に沿いカーブしたフォルムが大好きで、スーツの時などに愛用しています。
ただ、汗っかきの僕は革バンドが数年でダメになっちゃうので、毎回純正品と取り替えます。これが大変!
電池交換とバンド交換、どちらも2~3年です。
悲喜交々の思い出のギュッと詰まった腕時計、僕の青春の生き証人・気の置けぬ親友のようです(*^_^*)。

服部セイコー「ドルチェ」、1 
僕はアナログの時計が好きで秒針が無いと何だか落ち着きません。
服部セイコー「クロノグラフ」、1
↑・↓SEIKO「クロノグラフ」、
職業柄(前職も現職も)10気圧以上の防水機能が付いた腕時計が必要なのでこれも十数年前に購入。
タフで堅牢・故障知らずでお気に入りの腕時計、仕事の時やカジュアルウエアの時・普段着として愛用しています。
以前は遺跡の発掘や調査・今はお料理や家事など、水の中に手をザブンと浸ける事があるので、100m・10気圧防水の時計は安心。
ただし3年に1度の電池交換にセイコーまで送らないと駄目なのが面倒ですが、本体も二重ロックのステンレスバンドも汚れたら石鹸+歯ブラシでゴシゴシ洗えるのは便利です。
今や無くてはならない傷だらけの相棒と云う感じです(^O^)/

服部セイコー「クロノグラフ」、2
*写真はクリックすると大きくなります!

    おまけが⇒

続きを読む »

「「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・番外編2、「祇園祭の団扇、僕の部屋の応接飾りに」

「祇園祭団扇」1、平成二十一年己丑歳・2009、
『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・番外編2、

いよいよこの祇園さん報告シリーズ最後です。

祇園さん=八坂神社で頂いてきた京団扇(洒落たお座敷団扇じゃなく普段使いの大振りな総紙貼り)です。
夏の間中、竹の団扇立てに載せて僕の部屋の応接机の上に置いて置くことにしました。

息をするのも面倒なほど暑い夏の午後、京団扇をゆらゆらと緩やかに使いながら日差しを避けた籐の寝椅子に寝転んで、若き日の京の出来事・人などなど…
夢か現か思い出の中、ボンヤリ過ごすのも良いかも知れません。

今僕の人生は四十六年。
ここまでまさに『一睡の夢』でした。
これからどれ位生きられるのでしょうか?
これからどれ位生かして貰えるのでしょうか?
どれほどの夢を見ながら生きて行けるのでしょうか?
まあまあ健康で笑顔を絶やさず生きてゆけますように!

*写真はクリックすると大きくなります!

「祇園祭団扇」2、平成二十一年己丑歳・2009、
書斎の机の上で撮影。
今は応接机の上で夏の暑さとそよ風の涼しさを演出中です。

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・番外編1、「函谷鉾保存会の壽惠廣」と「生八ッ橋」&「三木のかんな」

『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・番外編1!
「函谷鉾保存会の壽惠廣」と「生八ッ橋」&「三木のホビーかんな」


京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」1

↑・↓↓… 今回の京都旅行で買ってきた亡き両親と自分へのお土産を番外編として紹介します。

今回の京都旅行は「祇園さんへ参拝しての厄病除け祈願&粽入手」・「何時もお世話になりっ放しの井田ご夫妻への恩返し撮影旅行のツアーコンダクター兼運転手などなど」が僕の二大命題でしたので、お土産は何を差し置いても『祇園祭記念の扇と扇子』です。


僕は青春時代を京都で過ごしました。
祇園祭では田舎の両親に「厄除け粽と鉾町の扇子や手拭い等」を求めて送って家族皆の一年の無病息災を願い感謝しあったものです。

今年はもう田舎に帰って来て十数年、永くご無沙汰していた祇園さんへの参拝と日本三大祭りの一つ「祇園祭」の宵々山見物に行けて最高!
機会を作ってお付き合いをして下さった井田撮彩氏ご夫妻に多謝感謝しつつ、亡き両親と僕自身にチョイと高価なお土産です。
今年は「壽惠廣=函谷鉾の扇(七月の床飾りに最高!)と函谷鉾の扇子(贅沢ですが普段使いに!)」を求めました。


*写真はクリックすると大きくなります!
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」2
↑・↓「函谷鉾保存会・十松屋福井謹製(烏丸三条)」の扇、
大振りで七月の床飾りにします。

京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」3
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」4
↑・↓「函谷鉾之図」二紀会会員 谷田穎郎、
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」7 
↓扇の裏、銀彩が鮮やかです。
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」6
*写真はクリックすると大きくなります!
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」8 
↑・↓「函谷鉾保存会・山二謹製(烏丸五条)」の扇子、
僕の七月の普段使い扇子にしようと思ってます。

京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」9 
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」10
↑・↓「函谷鉾之図」日展評議員 北野治男、
左には函谷鉾囃子の昔ながらの音譜が描かれてます。

 京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」14 
*写真はクリックすると大きくなります!
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」12

↓「宵山へ 下駄大小の 音でゆく」 岡本原佳
とっても素敵な句ですね。
僕の脳裏には「浴衣の親子やカップルが、祇園囃の音に急かされるように下駄の音を楽しげに・気忙しげに立てながら早足に通り過ぎてゆく…」、
そんな映像が浮かんで温かく、自然と顔がほころんじゃいます。

京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」15 
↓扇子の裏、こちらも銀彩が綺麗です。
京都・祇園祭2009、「函谷鉾町の寿恵広」13


    おまけが⇒

続きを読む »

大塚食品、黄金のレシピ「オムハヤシ」&「オムチーズカレー」、美味!

大塚食品、黄金のレシピ「オムハヤシ」&「オムチーズカレー」1
大塚食品、黄金のレシピ「オムハヤシ」&
「オムチーズカレー」、とっても美味しい!
ナイスアイデア、表彰状ものです!!


とっても美味しい《レトルトカレー&ハヤシ》に出会いました。
カレーやハヤシソース自体の味は、ごく普通に美味しいカレーやハヤシ、
洋食屋さんのじっくり煮込んだような風味は好感が持ててレトルトカレーの中では上位にランクできますが、独特感に欠けます。
しかし付属の卵ソースを掛けるとどうでしょう!
カレーやハヤシの味がグッと引き立って特徴的な色合いに変化して、文句なしに美味しい一皿に大変身です。

見た目、少し柔らか・水っぽく見える卵ソースですが、コクと言い滑らかさと言いカレーやハヤシのソースに良く馴染んで甘さや旨さが倍増です。

僕が卵好きだからかも知れませんが、このシリーズは【スーパーで手に入る・安価レトルト&缶入りカレー部門】暫定1位の美味しさです。
(【デパート御用達・高価レトルト&缶入りカレー部門】は又の機会にご報告を?・・・)
*写真はクリックすると大きくなります!
大塚食品、黄金のレシピ「オムハヤシ」&「オムチーズカレー」2
↑・↓所謂《カレーやハヤシのレトルトパック》に+《卵ソースのレトルトパック》がセットに。
大塚食品、黄金のレシピ「オムハヤシ」&「オムチーズカレー」3

大塚食品、黄金のレシピ「オムハヤシ」&「オムチーズカレー」4
↑・↓ご飯の上に《カレーやハヤシをかける》+《卵ソースをかける》=黄金のレシピの完成!頂きます。
大塚食品、黄金のレシピ「オムハヤシ」&「オムチーズカレー」5

大好きなお菓子・グリコ「ビスコ」&「プリッツ」、一目でその歴史が判るパッケージ・セット!

グリコ「ビスコ」歴代パッケージ勢揃い
グリコ『ビスコ』&『プリッツ』、

大好きなお菓子の歴史が
一目で判るパッケージセット、ちょいタイムリーかも!


お馴染みの定番おやつグリコ「ビスコ」&「プリッツ」、僕も
子供の頃から大好きで未だに時々美味しく頂いています。
どちらも子供に元気と喜びと必要な栄養を惜しみなく与える素敵で素晴らしく美味しいお菓子です。

このパッケージ・セットは両商品が、時代が移るに連れて味は勿論、パッケージもその時代らしさを反映しつつ変化してきたのが一目で判りますね【まさに一目瞭然!です】。

オーソドックスな味と栄養の物+新しい味の探求・開発にも熱心な両商品、これからも進化し続けるんでしょうね。

最近僕のブログ上で「胚芽入りビスコ」をアップして味やパッケージの話を掲載したばかりだったので、思わぬ出会いに驚きながら即買いしちゃいました。
このお菓子を食べると何となくそのパッケージの時代にタイムスリップして、僕自身も子供に・純粋だった子供時分に帰れそうな気がしています。


子供にとって《お菓子・おやつ》って掛け替えの無い思い出であり《友達・心と体の栄養・宝物》なんですよね。

*写真はクリックすると大きくなります!

グリコ「プリッツ」歴代パッケージ勢揃い

川原泉著「好小人たちが騒ぐので」、殆ど漫画を読まない僕が好きな漫画です!

川原泉「小人たちが騒ぐので」、好きな漫画1
川原 泉著『小人たちが騒ぐので』、
殆ど漫画を読まない僕が好きな漫画!
古本屋で何となく手に取り、以来時々読み返ししています。

僕は文庫・新書等を月に10冊ほど読む立派な慢性活字中毒者《病歴30年以上の重症患者》です。
ですから漫画は殆ど読みません、別に気取ってるんじゃなくって漫画を読むほうが疲れちゃうんですよね。

でもこの川原泉著「小人たちが騒ぐので」は、寝付かれない夜などに時々何となく読み返しては一人シニカルに笑ったりしています。

もう4年以上前のことです。
「この頃の古本屋はゲームソフトと漫画に占領されて、本なんか碌な品揃えじゃ無いんだから!この頃の大人も子供も学生まで、活字を読まずに漫画を真剣に眺めてるんだから、ヤレヤレ平和だ事!」等と思いつつ、
ぶらぶらと古本屋で面白そうな本を物色していた時。
どんな漫画があるのか漫画の書棚に行ってタイトルのみ眺めながら歩いてると、何だか妙に引き付けられるタイトルに行き当たり、手に取ったのがこの作品です。
パラパラ捲ってみると普段は漫画を読まないので、何だか新鮮で面白そうで・・・ツイツイ買ってしまったのです。

漫画は詳しくないのでどう表現したら良いのか分からないけど、とにかく何となく面白くてシュールで、手放せない作品です。

皆さんはこんな作品、本や漫画がありますか?
もし良かったら教えて呉れませんか?。


*写真はクリックすると大きくなります!
川原泉「小人たちが騒ぐので」、好きな漫画2

贋物?ぱちもん!・ばったもん!間違いなし!!クロックスの・・・

「クロックス」のバッタもん・パチもん1
「クロックス」ではない!何物?贋物?
「クロックス」として売ってないのだから…
ぱちもん!ばったもん!類似品間違いなし!!

世間でこんな不思議な履物が流行ってもう1年以上でしょうか?
廃れずますます色んなタイプが出て売れ続けています。

この手の履物は、デザインや素材が好みじゃないのですが思い切って類似品を履いてみる事に!
さてさて、どんなものか?履き心地は?強度は?感想レポートはおってご報告します。
「クロックス」のバッタもん・パチもん3
*写真はクリックすると大きくなります!
「クロックス」のバッタもん・パチもん4

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート8、

『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15』、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート8、

祭りの喧騒から脱出して三条大橋のたもとへ、鴨川河畔の納涼床を眺めながらホッと一息。

これから車で約4時間、帰宅は深夜になります。
撮影日和のピーカンではありませんでしたが、雨も降らず楽しい一日でした。

井田撮彩氏撮影の作品はまた落ち着いて写真展の形で掲載します《乞うご期待!》

*写真はクリックすると大きくなります!
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、三条大橋付近の夜景 
↑「三条大橋たもとの納涼床」、
↓「京町家の露地」、京都の町家は間口が狭くて奥が深い。
丁度、京美人の様です【間口が狭くて取っ付きにくいけど、知り合えば奥が・懐がグーンと深くて情が細やか】

京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、山鉾町「町家・商家の路地」

京都・祇園祭2009、八坂神社の「厄除け粽」1
↑・↓祇園社・八坂神社で頂いた「厄除ちまき」、
翌朝早速、玄関に飾りました。
「蘇民将来之子孫也」、
これで疫病退散!豚インフルエンザもへっちゃらです!

京都・祇園祭2009、八坂神社の「厄除け粽」2


長々と「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15、撮影旅行報告」&「僕の拙い写真とキャプション」にお付き合い有難うございました。

近日、この小旅行で僕が求めて来ました亡き両親へのお土産《函谷鉾町の壽惠廣二本(扇と扇子)》を紹介します。
在りし日の両親に京都に居た僕は毎年違う鉾町の壽惠廣を送っていたので、それを思い出して買ったものです。
「井田撮彩氏・京都祇園祭・宵々山写真展」とともに

【近日公開・乞うご期待】

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート7

『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート7、

祇園祭・宵々山で思いのままにシャッターを押したスナップ。
田舎者がお祭りに酔い、人に酔い、暑さに酔った「宵々山」です。


*写真はクリックすると大きくなります!
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾町の賑わい1 
↑・↓通りと云う通り、人・人・人の波。
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、山鉾1
↓「日暮れの涼しさとともに、段々と熱くなる祇園囃子の音」
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、山鉾2 京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、山鉾町「宵祭り・子供たち・わらべ歌」1
↑・↓「楽しげにわらべ唄を歌う子供たち」、何と云っても祭りの主役は子供たちですね!
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、山鉾町「宵祭り・子供たち・わらべ歌」2 京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、山鉾町「宵祭り・子供たち・わらべ歌」3

↓「宵祭りの雰囲気に酔いました」
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、山鉾町「賑わい・喧騒・喜び」

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート6

『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート6

暑く照りつけていた陽も西山に傾いて来ました。
物凄い人出の中、僕のお気に入りの「菊水鉾」に到着。

*写真はクリックすると大きくなります!
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾1 京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾町の賑わい2
↑「菊水鉾」・「粽を売っている笑顔が抜群の町内の女性」
↓「菊水鉾の上から眺めた祭りの賑い」

京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾2 京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾「囃子方」1
↑・↓「菊水鉾の囃子方、陽が落ちるとともに段々熱が籠ります」
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾「囃子方」2
♪コンコンチキチン・コンチキチン♫コンコンチキチ・コンチキチン♪…
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾「囃子方」3
↓「祭りのわらべ唄を歌ってくれた菊水鉾のお嬢さんたち」
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、菊水鉾3

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート5、

『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート5、

いよいよ「宵々山・歩行者天国」の始りです。
田舎に暮らしてては見た事のない人数のお巡りさんが歩行者天国の交通整理です。
四条通り・烏丸通りを中心に各鉾町など広い範囲が歩行者専用に、「♫コンコンチキチン、コンチキチン♪」と祇園囃子が競い合うように東西南北の各通り通りの鉾町に流れます。

*写真はクリックすると大きくなります!
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国1 京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、「函谷鉾」1
↑・↓「長刀鉾」、提灯に灯がともりお祭り気分が盛り上がります。
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、「函谷鉾」2

京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、「撮影中の撮彩先生」1
↑・↓「子供の様に夢中で撮影中の撮彩氏」、
京都・祇園祭2009、宵々山・歩行者天国、「撮影中の撮彩先生」2

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート4、

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート4、

知恩院から四条河原町に移動して井田夫人待望の「京甘味タイム」です。
河原町四条上がるの「永楽屋」(京佃煮・京菓子の老舗、2階が喫茶室になっています)で夏の京スィーツで涼味満喫。

その後、「先斗町・鴨川河畔」~「錦市場」をぶらりとしていよいよ宵々山・歩行者天国です。

京都河原町四条、京佃煮・京菓子永楽屋・喫茶、「宇治金時氷」、¥850 
↑「宇治金時氷」¥850
京都河原町四条、京佃煮・京菓子永楽屋・喫茶、「抹茶パフェ」1、¥980
↑・↓「抹茶パフェ」¥980
京都河原町四条、京佃煮・京菓子永楽屋・喫茶、「抹茶パフェ」2 
↓「季節のフルーツあんみつ」¥850
京都河原町四条、京佃煮・京菓子永楽屋・喫茶、「季節のフルーツあんみつ」¥850

京都・祇園祭2009、先斗町通り夕景 
↑「先斗町夕景」、
↓「鴨川河畔、納涼床」、

京都・祇園祭2009、四条大橋から納涼床と鴨川河畔の夕景

京都・祇園祭2009、錦市場の喧騒1
↑・↓「京の台所・錦市場の喧噪」、
京都・祇園祭2009、錦市場の喧騒2

   おまけ⇒

続きを読む »

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート3、

『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15』、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート3、

円山公園を抜けて「浄土宗総本山・知恩院」へ、
正式な名前は「華頂山知恩教院大谷寺」、浄土宗宗祖・法然上人開基の古刹です。
現在の様な豪壮な伽藍になったのは江戸時代の事。
徳川家と縁が深く、いざと云う時に京都に睨みを利かす城砦になる様にとの考えがあったのではと…

三門、大鐘楼・梵鐘(大晦日「ゆく年くる年」で有名)、左甚五郎忘れ傘、うぐいす張りの廊下などが見どころです。


*写真はクリックすると大きくなります!
「京都・祇園祭撮影行」2009、17、「知恩院山門・1」 
↑・↓「三門」、現存する日本最大の五間三戸の二階二重門。
「京都・祇園祭撮影行」2009、18、「知恩院山門・2」 「京都・祇園祭撮影行」2009、19、「知恩院山門・3、お茶目な井田夫人」
↑井田夫人の二抱え以上もある柱です。
↓僕の軌跡のショット、美しいモデルさんを雇ったみたいでしょ?
構図も影も色合いも、モデルも雰囲気も我ながら…

「京都・祇園祭撮影行」2009、20、「知恩院山門裏・奇跡の1枚」
↓急で上るのがチト大変な石段です。
「京都・祇園祭撮影行」2009、21、「知恩院山門裏・2」 「京都・祇園祭撮影行」2009、22、「知恩院御影堂・1」
↑・↓「本堂」、「御影堂」とも云います。
「京都・祇園祭撮影行」2009、23、「知恩院御影堂・2」 
「京都・祇園祭撮影行」2009、24、「知恩院鐘楼と大梵鐘・1」
↑・↓「大鐘楼・大梵鐘」、ゆく年くる年で有名です。
「京都・祇園祭撮影行」2009、26、「知恩院鐘楼と大梵鐘・3」

「京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15」、井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート2

『京都八坂神社、祇園祭・宵々山、2009.7.15』、
井田撮彩氏ご夫妻との撮影旅行報告・パート2、

円山公園の茶店で休憩の後、行動再開。
ぶらぶら撮影しつつ知恩院へ向かいます(僕は一旦分かれて車の移動・知恩院で合流)。


*写真はクリックすると大きくなります!
「京都・祇園祭撮影行」2009、11、「長楽館・1」
↑・↓「長楽館」、明治の煙草王・村井吉兵衛の旧別邸で1909年完成。当時、京都の迎賓館として使われたルネサンス様式基調の洋館。現在は素敵なホテルになっていて食事や喫茶も出来ます。
《1891年の日本初の両切り煙草は村井製》
「京都・祇園祭撮影行」2009、13、「長楽館・2 

「京都・祇園祭撮影行」2009、12、「円山公園のアヒル・1」
↑・↓「円山公園」、枝垂れ桜・音楽堂で有名な円山公園。
池では家鴨がのんびりと、長閑な午後です。

「京都・祇園祭撮影行」2009、12、「円山公園のアヒル・2」
「京都・祇園祭撮影行」2009、12、「円山公園のアヒル・3」 
↑・↓堪らなく蒸し暑い京都でここだけは何となく涼やかな雰囲気で、東山からの風が心地良く吹き抜けていました。
「京都・祇園祭撮影行」2009、14、「円山公園の池・1」
「京都・祇園祭撮影行」2009、15、「円山公園の池・2」
↓二軒茶屋「中村楼」、八坂神社・南楼門(こちらが神社の正面)前にある老舗お料理屋さんで豆腐田楽・菜飯などが有名です。
古くはもう一軒お茶屋があったので二軒茶屋の名前が残ります。
《澤田ふじ子「祇園社神灯目付」シリーズを是非ご一読を》

「京都・祇園祭撮影行」2009、16、「二軒茶屋・中村楼」

 | HOME |  »

AquariumClock 2

今日の妄言、明日の迷言。

自己紹介

殿さまうさぎ

Author:殿さまうさぎ
甘口・辛口、種種雑多な話題や写真を発信したいと思います。よろしくお願い致します!。
田舎で小さな旅籠とアフラックの保険代理店をしています。

御宿御料理響庵大正館 主人
広島県神石郡神石高原町油木
https://twitter.com/settings/profile

ご来店数

現在のお客様

現在の閲覧者数:

気ままにパシャッ!!

WEBコンサルティング・ホームページ制作

大正館の名物料理、自然・風景、花など

お便りポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

お手紙待っています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達になりませんか?

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

携帯で読み込んでね。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

一緒に始めましょう!

無料blog FC2PIYO  ホームページ サーバー・ホスティング フォーム カウンター 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。