御宿御料理 大正館 『Coffee Break 珈琲の香りに抱かれて、愉しいおしゃべりでちょっとひと息!』

 身の回りの出来事や季節のうつろい、食べたい物や食べた物、 大好きな本や音楽・映画など… 色んな話題をつまみつつ、さあ!香り豊かな珈琲を召し上がれ!時にはググッと苦いかもね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「忘我洞写真館」Vol.4・『牡丹』・『石楠花』・『春蘭』+『マーガレット』・『蜜蜂と紅紫檀』、

「忘我洞写真館」、 Vol.4
『牡丹』・『石楠花』・『春蘭』、
+『マーガレット』・『蜜蜂&紅紫檀』、


僕的にですが、最近撮った写真の中で「これは!」と思ったのを集めてみました。

本格的に写真を趣味にして未だ半年ほどのド素人カメラマン=僕が写真理論や露出など訳も判らずデジカメ任せに滅多矢鱈と撮った写真の中の傑作?撰(あくまでも僕的に)、見て下さる方に楽しんで頂ければ幸いですし、アドバイスや批評を頂ければもっと幸せです。


*写真はクリックすると大きくなります!
2010-05-13_EOS 7D_0907署名入り、「ボタン・牡丹」、2010.5.13.、油木・豊田、1
↑・↓『牡丹』、
「百花王」・「富貴花」・「花王」・「花神」などと呼ばれる『牡丹』、
上の『紅牡丹』は牡丹の威厳に満ちた豪華さや華やかさを
下の『白牡丹』は牡丹の神々しい純粋さや清らかさを
上手く表現できたと思います。

2010-05-13_EOS 7D_0926署名入り、「ボタン・牡丹」、2010.5.13.、油木・豊田、2

2010-05-13_EOS 7D_0933署名入り、「ボタン・牡丹とコガネムシ」、2010.5.13.、油木・豊田、
↑『牡丹の中の住人』、
まるで全てが薄絹で作られた様な宮殿に住む小さな虫、ミクロの世界に広がる美しい空間が上手に切り取れたと思っています。

2010-05-13_EOS 7D_0996署名入り、「シャクナゲ・石楠花」、2010.5.13.、油木・赤木、
↑『石楠花』、
珍しい黄色系の『石楠花』、雄蕊や雌蕊の繊細さや花弁の淡い色合いの変化がよく撮れたと思います。

2010-05-12_EOS 7D_0893署名入り、「春蘭・シュンラン」、2010.5.12.、東城・水藤、
↑『春蘭』、
春を代表する山野草の『春蘭』、少しピンボケで露出オーバー気味ですが『春蘭』の儚なげな風情がよく撮れてる気がします。


      続きです⇒



続きを読む »

スポンサーサイト

「忘我洞写真館」Vol.3・『蒲公英の綿毛』、

2010-05-08_EOS 7D_0830署名入り 
*写真はクリックすると大きくなります!

「忘我洞写真館」、Vol.3
『蒲公英の綿毛』、

この頃の僕はマクロ撮影に夢中で、何時もの「カメラを提げたぶらぶら散歩」にもマクロレンズを付けた愛機《Canon EOS7D》を持ち出す事が多くなっています。
ただ確かにマクロ撮影は面白いのですがとても難しくもあり、中々これはと云う写真が撮れず失敗の連続です。
今日もデジカメの利点である撮影可能枚数の多さをフルに活用して撮ってみた沢山の写真の中から、僕なりに納得のいく奇跡の数カットを掲載しますのでご覧下さい。
アドバイスや批評を頂ければ励みになりますので宜しくお願い致します。

2010-05-08_EOS 7D_0846署名入り 

蒲公英の綿毛の高さと同じ位置まで目線を下げるため地面に這いつくばり、レンズの撮影可能距離ギリギリまで近づいて撮影しました。
絞り優先でホワイトバランスを変えながら十数枚撮った中のお気に入りです。

「忘我洞写真館」Vol.2・『春雨の中の藪椿』、

2010-04-20_EOS 7D_0627、「藪椿・ヤブツバキ」、井田、1
*写真はクリックすると大きくなります!

「忘我洞写真館」、Vol.2
『春雨の中の藪椿』、


久々に良い写真が撮れた気がするので掲載、「忘我洞写真館」の第2回目です。
しとしと降る春の冷たい雨に濡れる藪椿の姿が何とも詩的な感じがして撮ってみたのですが・・・、レンズはマクロレンズでは無く、標準レンズの最短焦点距離で撮影しています。

2010-04-20_EOS 7D_0637、「藪椿・ヤブツバキ」、井田、2
↑・↓「水滴を弾く蕾」、
ホワイトバランスや露出を変えながら何枚も撮ってみた内の2枚、《明るめ・暗め》どちらの方が良いのか分からないので取り敢えず両方載せてみました。
2010-04-20_EOS 7D_0640、「藪椿・ヤブツバキ」、井田、3

「忘我洞写真館」Vol.1・『沸いたら一緒に入ろうね』、

2010-03-16_EOS 7D_0068「火の用心、お風呂沸いたら入ろうね」、 
*写真はクリックすると大きくなります!

「忘我洞写真館」、Vol.1
『沸いたら一緒に入ろうね』、

遂に恥かしげも無くド素人写真館を始めちゃいます。
何気ないけど確実に訪れて過ぎ行く二度と出会えない日々、身の回りにある何だか気になる物事や人・行事等々、気の向くままに撮って撮って撮りまくった中から載せて行きたいと思います。

ただ写真・カメラに関して全くのド素人の僕が「絞りがどうだとかシャッタースピードがどうだとか、構図がどうで被写体深度がどうだとか」全く気にせずお構い無しで乱写した写真の中から選び、「これなら何とか見られるかな」と思う写真を掲載しますので、作品のクオリティーの低さは平に平に御容赦・御勘弁のほどをお願い致します。

今回第一回目は今や珍しくなった五右衛門風呂の焚口で暖を取る猫ちゃんの写真でタイトルは『沸いたら一緒に入ろうね』です。
未だ寒さの残る春の夕暮れ、じっと焚口を見つめて火の番をしながらお風呂の沸くのを楽しみにしてるような様子が何とも可愛くて撮ってみました。
上手な方を真似て名前と著作権の印なんかも入れてみたのですが、はてさて…、

感想やアドバイスを頂ければ幸いです。
*写真に入れたネームの「忘我洞兎影」は、大好きな俳優のハンフリー・ボガードから勝手に頂いた僕の部屋の名前+月の光の別名です。卯年生まれの僕は月が故郷?月の光が大好きなもので…。

 | HOME | 

AquariumClock 2

今日の妄言、明日の迷言。

自己紹介

殿さまうさぎ

Author:殿さまうさぎ
甘口・辛口、種種雑多な話題や写真を発信したいと思います。よろしくお願い致します!。
田舎で小さな旅籠とアフラックの保険代理店をしています。

御宿御料理響庵大正館 主人
広島県神石郡神石高原町油木
https://twitter.com/settings/profile

ご来店数

現在のお客様

現在の閲覧者数:

気ままにパシャッ!!

WEBコンサルティング・ホームページ制作

大正館の名物料理、自然・風景、花など

お便りポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

お手紙待っています!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達になりませんか?

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

携帯で読み込んでね。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

一緒に始めましょう!

無料blog FC2PIYO  ホームページ サーバー・ホスティング フォーム カウンター 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト・SEO対策 FC2ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。